新着情報

2024/05/19   【MIRUウェビナ...
2024/05/19   SUSscrap ...
2024/05/18   高炉3社:24/3...
2024/05/18   SDGs花盛りの時...
2024/05/18   MARKET TA...
2024/05/17   生産動態統計(24...
2024/05/17   生産動態統計(24...
2024/05/17   生産動態統計(24...
2024/05/17   生産動態統計(24...
2024/05/17   大平洋金属:決算説...
2024/05/17   ステンレス鋼材国内...
2024/05/17   UACJ:グリーン...
2024/05/17   東邦チタニウム:決...
2024/05/17   2024年3月のス...
2024/05/17   豪州、鉱業巻き返し...
2024/05/17   2024半導体動向...
2024/05/17   大阪ガス(Daig...
2024/05/17   NY銀価格が11年...
2024/05/17   集積回路プロセッサ...
2024/05/17   はんだ輸出入レポー...

2024年3月LMEスズ相場&在庫の推移一覧 序中盤6か月半ぶり騰勢も、後半インドネシア採掘枠決定で軟化

基準となる銅相場の動きは、前半、パウエルFRB議長が議会証言で年内利下げに言及したことをきっかけに騰勢に転じ、TC/RCの大幅低下に対処のための中国精錬業者の協調減産で大幅続伸。18日には3M終値ベースで11ヵ月ぶり9,000ドル突破の9,089.0ドルを付けた。後半は高値警戒やドル高などでやや軟化して終了となった。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る