新着情報

2024/05/26   過熱するアルミ合金...
2024/05/25   MARKET TA...
2024/05/24   黒崎播磨:24/3...
2024/05/24   黒崎播磨:24/3...
2024/05/24   中・東欧で「一帯一...
2024/05/24   日鉄ステンレス:井...
2024/05/24   住友金属鉱山:コテ...
2024/05/24   再資源化事業高度化...
2024/05/24   Americas ...
2024/05/24   展示会で目立った「...
2024/05/24   国内産業用ロボット...
2024/05/24   二次電池PSI-R...
2024/05/24   国内FPD製造装置...
2024/05/24   国内半導体製造装置...
2024/05/24   2024年度講演会...
2024/05/24   「アスベスト」処理...
2024/05/24   2024半導体動向...
2024/05/24   MARKET TA...
2024/05/24   工作機械工業会4月...
2024/05/23   鉛バッテリー不買運...

亜鉛、「鉱石逼迫、地金余剰」の流れ足下続くが今後は!?――TC、プレミアムともに下落基調

 過去2年相場の下押し場面が続いていたLME亜鉛相場(現物)が、大きく値を上げ始めた。製鉄原料のニッケルが底離れ傾向を示したことで、メッキ材として亜鉛にも連想買いが入っている面もありそうだが、背景には個別の要因も目に付く。オーストラリア産業科学資源省が3月下旬にまとめた需要予測リポートなどを手掛かりに、改めて亜鉛の足元の市場環境を探ってみた。見えてきたのは、上振れリスクの可能性を抱えた目先の相場動向である。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る