新着情報

2024/06/18   トクヤマ PVC価...
2024/06/18   貴金属PGM市場近...
2024/06/18   ここは日本か?海外...
2024/06/18   国内酸化チタンPS...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   カナダ政府、レアア...
2024/06/18   中国ステンレス業界...
2024/06/18   経産省、チリとの鉱...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/18   Americas ...
2024/06/18   脱炭素の部屋#17...
2024/06/18   MARKET TA...
2024/06/17   アルミ合金&スクラ...
2024/06/17   リファインバース ...
2024/06/17   コバルト市場近況2...

Fe Scrap Watch2024#4 鉄鉱石~スクラップまで年内の大幅な下げはない

 最初に結論から述べさせていただくと、年内、鉄スクラップの大幅な下落はない、とみる。また、鉄鉱石、原料炭の下落もない。まず、鉄鉱石、原料炭のほうだが、下図のように、ここ5年間でみてもいずれも安定している。足元、鉄鉱石価格はトン当たり120ドル前後で推移。100ドル以下になったのは2000年の5月下旬、世界がコロナパンデミックで憂鬱になっていた頃で、中国も減産せざる得なかった時である。原料炭も然りで、足元はトン当たり240ドル前後、200ドルを大きく下回ったのは2021年の5~7月の頃。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る