新着情報

2024/06/18   JX金属:次世代半...
2024/06/18   三菱マテリアル:電...
2024/06/18   レアアース市場近況...
2024/06/18   トクヤマ PVC価...
2024/06/18   貴金属PGM市場近...
2024/06/18   ここは日本か?海外...
2024/06/18   国内酸化チタンPS...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   カナダ政府、レアア...
2024/06/18   中国ステンレス業界...
2024/06/18   経産省、チリとの鉱...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/18   Americas ...
2024/06/18   脱炭素の部屋#17...
2024/06/18   MARKET TA...

2024BIR in コペンハーゲン#3 再生鋼材市場はいま

 デンマークのコペンハーゲンで開催中の「2024 BIR Convention(2024ワールド リサイクリング コンベンション)」(主催:BIR)は2日目を迎えた28日、鉄鋼部門の本会議が開かれた。気候変動対策としていま注目を集めるスクラップ由来の再生鋼材が主要議題に取り上げられ、その最新需給動向や、EUの炭素国境調整メカニズム(CBAM)が再生鋼材の物流に与える影響など、多角的な視点で議論が進んだ。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る