新着情報

2024/06/18   愛知県の太田商店が...
2024/06/18   JX金属:次世代半...
2024/06/18   三菱マテリアル:電...
2024/06/18   レアアース市場近況...
2024/06/18   トクヤマ PVC価...
2024/06/18   貴金属PGM市場近...
2024/06/18   ここは日本か?海外...
2024/06/18   国内酸化チタンPS...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   カナダ政府、レアア...
2024/06/18   中国ステンレス業界...
2024/06/18   経産省、チリとの鉱...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/18   Americas ...
2024/06/18   脱炭素の部屋#17...

Americas Weekly 21ショートスクイーズで荒れる銅市場 「1トン4万ドル」は本当にあるのか

「銅の国際価格は1トン4万ドルまで上がる」ーー。英フィナンシャル・タイムズが掲載した英国のヘッジファンドマネージャーのインタビューが、米国のマーケット関係者の注目を集めている。銅価格は5月20日に、ロンドン金属取引所(LME)で一時1トン1万1100ドルを超えて最高値を付けるなど、投機筋の主戦場となっているが、コモディティ市場では世界的な銅不足が一段と意識される展開となりそうだ。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る