新着情報

2024/07/24   工作機械工業会6月...
2024/07/24   アルミ対日プレミア...
2024/07/24   三菱ケミカル MM...
2024/07/24   エネコートが総額5...
2024/07/24   中国 アルミニウム...
2024/07/24   希土類元素とその製...
2024/07/24   湖南大学の課題グル...
2024/07/24   LME市場売り優勢...
2024/07/24   中国のゲルマニウム...
2024/07/24   世界の半導体需要と...
2024/07/24   日本製鉄、中国の自...
2024/07/24   ニッケル協会:9月...
2024/07/24   Americas ...
2024/07/24   MARKET TA...
2024/07/24   JFEスチールの物...
2024/07/23   古河電池に投資ファ...
2024/07/23   核融合エネルギーの...
2024/07/23   24年リチウム市況...
2024/07/23   日本製鉄・橋本会長...
2024/07/23   東京製鐵 鉄スクラ...

LME、4-6月の出来高10年ぶりの多さ ニッケルけん引、価格急落事件の影響克服へ

 ロイター通信などの外電が7月5日までに伝えたところによると、ロンドン金属取引所(LME)の2024年4-6月期の1日当たり平均出来高は約73万ロットと前年同期比27%増え、10年ぶりの高水準となった。LMEは2022年2月に起きたニッケル詐欺事件の影響が響いていただけに、関係者には劇的な回復との驚きが広がっている。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る