新着情報

2024/07/12   デコ活、1642の...
2024/07/12   黒谷、不採算案件の...
2024/07/12   津軽バイオマスエナ...
2024/07/12   環境産業の市場規模...
2024/07/12   リテールパートナー...
2024/07/12   DENZAI&ベス...
2024/07/12   インドJSWste...
2024/07/12   中国で銅在庫が急増...
2024/07/12   インドネシアHar...
2024/07/12   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/07/12   世界の半導体需要と...
2024/07/12   インドSMEL社 ...
2024/07/12   2024年5月の国...
2024/07/12   中国 次世代電池技...
2024/07/12   中国の鉄鋼貿易業者...
2024/07/12   EUの「包囲」が予...
2024/07/12   中国 動力電池の回...
2024/07/12   レアアース業界初の...
2024/07/12   上半期、欧州に輸出...
2024/07/12   鉄鋼・非鉄関連会社...

千葉四街道シリーズ その2 コンテナよりもトレーラーハウスが旬!

 千葉県は国内で最も中華系リサイクル業者が多いと言われているが、千葉は中華系だけでなく、イラン、イラク、アフガニスタン、トルクメニスタン、バングラデシュなどなど多種多彩な方々も多いから、正確には最も海外系リサイクル業者が多い、というべきだろう。特に自動車リサイクル関係はモスクを構えていることでもわかるようにイスラム教の方々が多い。このあたりはこちらで既報しているので。ぜひご覧ください。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る