新着情報  - News -

2018/11/20   スクラップマスターのつぶ...
2018/11/20   電力取引量、2日連続で過...
2018/11/20   中国EVメタルセミナー ...
2018/11/20   就任後初めての経営戦略進...
2018/11/20   2018年9月国内産業用...
2018/11/20   日本からのフラッシュメモ...
2018/11/20   鉛バッテリースクラップ市...
2018/11/20   責任ある手掘りを主張する...
2018/11/20   赤外線センサ市場2018...
2018/11/20   日本からの産業用ロボット...
2018/11/20   日本からのリチウムイオン...
2018/11/20   2018年9月二次電池輸...
2018/11/20   MARKET TALK(...
2018/11/19   ポスコケムテック RHI...
2018/11/19   金川集団(Jinchua...
2018/11/19   11カ月ぶりの厚板200...
2018/11/19   カッパー先物市場で高まる...
2018/11/19   今週(11/19~)の原...
2018/11/19   今週(11/19~)の為...
2018/11/19   今週(11/19~)のP...

自治体の廃棄物処理はどうなっているのか?~埼玉県環境科学国際センター・川嵜幹生氏に聞く

2018.07.05 15:11
埼玉県環境科学国際センター(埼玉県加須市)は、環境学習施設と環境研究所が一体となった環境科学の中核機関だ。環境学習・試験研究・情報発信・国際貢献の4つを行うという。IRRSGリサイクルシンポジウムⅡ「今そこにある危機!」では、資源循環・廃棄物担当の川嵜幹生氏を招き、最近の自治体の廃棄物事情について講演した。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事