新着情報

2024/05/29   大和工業:24/3...
2024/05/29   三菱マテリアル:ス...
2024/05/29   Americas ...
2024/05/29   カクヤス 家庭や飲...
2024/05/29   UACJ:IR-D...
2024/05/29   中国 4月の錫鉱石...
2024/05/29   中国 2024年4...
2024/05/29   JEITA半導体部...
2024/05/29   需給ギャップが続い...
2024/05/29   4月以降の合金鉄(...
2024/05/29   2024年4月伸銅...
2024/05/29   5月中旬の中国国内...
2024/05/29   中国企業は史上初め...
2024/05/29   日本の電池セパレー...
2024/05/29   雲南省の電力構造の...
2024/05/29   需要拡大期待でLM...
2024/05/29   BIR国際リサイク...
2024/05/29   2024半導体動向...
2024/05/29   日本伸銅協会、20...
2024/05/29   MARKET TA...

インダクタの技術動向と、磁性材料のパワーロス低減へ向けて

日本ボンド磁性材料協会(JABM)主催 第94回技術例会のテーマは「パワーエレクトロニクス用軟磁性材料およびそれを支える評価技術の進歩」。本稿はその第3弾。  現在IEC/TC51(磁性部品およびフェライト材料)では、圧粉磁心の測定法について検討を進めているが、そのキーパーソンである福州大学の陳教授を招待。軟磁性材料の特性評価技術(Program6)の講演も行なわれた。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る