メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2021/07/31   豪VIC州Geel...
2021/07/31   【コモディティと人...
2021/07/31   タツモ(6266)...
2021/07/31   Niron Mag...
2021/07/31   次世代電池となるか...
2021/07/31   MARKET TA...
2021/07/31   中国 21年上半期...
2021/07/31   7月第5週の中国鋼...
2021/07/31   中山製鋼所:100...
2021/07/30   大紀アルミ:予想外...
2021/07/30   愛知製鋼:スクラッ...
2021/07/30   ユミコア2021前...
2021/07/30   東芝エネルギーシス...
2021/07/30   深海採掘、2年後に...
2021/07/30   《Metal Pr...
2021/07/30   【コモディティと人...
2021/07/30   《Metal Pr...
2021/07/30   《Metal Pr...
2021/07/30   《Metal Pr...
2021/07/30   東京鐵鋼:厳しいス...

江蘇大学とNY州立大学  セリウムを使ったアンモニア燃料電池を開発

2021.04.20 10:55

 最近、中国の江蘇大学とニューヨーク州立大学バッファロー校等の研究者らは新型酸化セリウム促進剤を設計した。それはアンモニア燃料電池(DAFC)のアンモニア酸化(AOR)の加速ができ、燃料電池の商業化が早めに実現可能としている。

 

 アンモニア燃料電池が新型の化学電池として、燃料の化学反応によって電池性能を担保している。これは日本国内でも開発が進んでおり、アンモニアの豊富な資源性、燃料電池発電中のCO2発生ゼロの電池として注目されている。

 

 アンモニアは豊富な資源がおり、産業基礎も有り、ローコスト、運輸と備蓄が容易で燃料電池の燃料として発展可能性は大だが、アンモニアの酸化反応が制限される。今回の酸化セリウムを用いたAOR促進剤はその不足を填補できる。

 

 この研究成果はすでに「igh-performance ammonia oxidation catalysts for anion-exchange membrane direct ammonia fuel cells」というタイトルで「Energy & Environmental Science」に発表。

 

 

(IRuniverse akiraLEE)

 

 

関連記事