新着情報  - News -

2022/12/07   MARKET TA...
2022/12/07   世界の鉛亜鉛業界は...
2022/12/06   独シェフラー 電動...
2022/12/06   「蓄電池のサステナ...
2022/12/06   クラレ 活性炭なら...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   タンザニアからの報...
2022/12/06   三菱ケミカル 魚が...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   脱炭素の部屋#92...
2022/12/06   ACE Green...
2022/12/06   2022年10月 ...
2022/12/06   旭化成 オランダ・...
2022/12/06   トライシクル、リサ...
2022/12/06   集積回路輸出入Re...
2022/12/06   中古車暴落のXデー...
2022/12/06   磁石を用いた水中マ...
2022/12/06   各種チタン市況(1...

NESTE、出光興産、奇美実業および三菱商事、バイオプラサプライチェーン構築実現

2022.10.03 18:17 FREE

 NESTE Corporation(本社:フィンランド、以下「NESTE」)、出光興産株式会社(以下「出光興産」)、奇美実業(本社:台湾)、三菱商事株式会社(以下「三菱商事」)の4社は、バイオマスナフサを原料としたバイオマスプラスチックのサプライチェーンを構築し、バイオマスナフサ由来のスチレンモノマー(以下「バイオマスSM」)の製造、バイオマスSMを原料としたアクリロニトリルブタジエンスチレン(以下「バイオマスABS樹脂」*)等のバイオマスプラスチックを製造することに合意した。

 

 バイオマスSMおよびバイオマスプラスチックの製造開始は、2023年前半を予定している。日本国内でのバイオマスSMの生産は初事例で、台湾でのバイオマスプラスチックの製造も初事例。

 

 NESTEはプラスチック向け再生可能原料(バイオマスナフサ)では世界最大級の生産規模を誇り、日本最大のSMメーカーである出光興産にバイオマスナフサを供給する。同社が製造するバイオマスナフサは、再生可能なバイオマス由来の原材料から製造されていることから、石油由来のナフサと比べてGHG排出を抑制することが可能。

 

 出光興産によりマスバランス方式**で製造・供給されるバイオマスSMを原料とし、世界最大のABSメーカーである奇美実業がバイオマスプラスチックを製造する。三菱商事はサプライチェーン構築における全体のマネジメントを実施するとともに、バイオマス製品のマーケティングを担う。

 

 バイオマスプラスチックのサプライチェーンは、従来の販売スキームと比較して、原料であるバイオマスナフサ生産からバイオマスプラスチック製造までのサプライチェーン全体でより強いパートナーシップが求められる。

 

 4社は、今回新たに構築するサプライチェーンを通してプラスチック産業のGHG削減目標に貢献していく基本方針について合意しており、4社の連携によって低・脱炭素社会の早期実現に貢献していく。

 

 

【サプライチェーン図】

ロゴ

 

 

*ABS樹脂:SM、アクリロニトリルおよびブタジエンから作られる熱可塑性ポリマーで、硬度と耐衝撃性の特性を有しており、自動車、電子機器、玩具などのさまざまな分野で使用されている。

**マスバランス方式:原料から製品への加工・流通工程において、ある特性を持った原料(例:バイオマス由来原料)がそうでない原料(例:石油由来原料)と混合される場合に、その特性を持った原料の投入量に応じて、製品の一部に対してその特性の割り当てを行う手法。

 

 

(IRuniverse.jp)

 

 

関連記事