メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/07/13   今週(7/13~)...
2020/07/13   今週(7/13~)...
2020/07/13   今週(7/13~)...
2020/07/13   今週(7/13~)...
2020/07/11   MARKET TA...
2020/07/11   欧州からの風#93...
2020/07/11   不二サッシ:財務報...
2020/07/11   10日の中国鋼材ス...
2020/07/10   中国 6月の自動車...
2020/07/10   DRコンゴRCS ...
2020/07/10   「スマートシティ」...
2020/07/10   2020年半導体市...
2020/07/10   《Metal Pr...
2020/07/10   《Metal Pr...
2020/07/10   《Metal Pr...
2020/07/10   《Metal Pr...
2020/07/10   自然エネルギー財団...
2020/07/10   グレンコアのKam...
2020/07/10   アルミ合金業界を熟...
2020/07/10   銅スクラップ輸入R...

日本磁力選鉱 インドからE-WASTE輸入

2013.03.19 23:56

 北九州の総合リサイクル業、日本磁力選鉱は18日、インドから基板スクラップを輸入し、自社で貴金属などを回収する事業を開始することを発表。19日の日経が報じた。
 この事業は経産省の助成事業として2011年5月に採択されている。


 日経によると、回収した金銀は三菱マテリアルに売却されるとのこと。
4月から輸入をはじめ、初年度は基板200トンを処理、売上高は1億2000万円を見込んでいる。
 プリント基板は現地の協力企業がIT(情報技術)関連企業などから回収し、日本磁力選鉱が有償で引き取る。年間輸入量の上限は600トンで、売上高は数年後に約5億円に引き上げる計画。
 基板の市場では海外からの輸入はすでに一般化されているが、新興国のなかでもブラジル、東欧などからは多く輸入されているが、インドからはあまり例がない。
(IRUNIVERSE)

関連記事