新着情報

2024/06/18   JX金属:次世代半...
2024/06/18   三菱マテリアル:電...
2024/06/18   レアアース市場近況...
2024/06/18   トクヤマ PVC価...
2024/06/18   貴金属PGM市場近...
2024/06/18   ここは日本か?海外...
2024/06/18   国内酸化チタンPS...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   カナダ政府、レアア...
2024/06/18   中国ステンレス業界...
2024/06/18   経産省、チリとの鉱...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/18   Americas ...
2024/06/18   脱炭素の部屋#17...
2024/06/18   MARKET TA...

中国の銅産業チェーンと精錬銅輸入状況 10月までで300万トンの輸入

一、銅産業チェーンの概要

 

1、世界の銅鉱山埋蔵量分布

 

 銅鉱山の世界的な分布集中度は比較的高い。USGSの調査データによると、2021年の世界の銅鉱山埋蔵量は約88,000万金属トンで、主に米州地域に分布している。中でもチリの銅鉱山埋蔵量は約20,000万トンと最大で、世界の銅鉱山埋蔵量の22.73%を占めている。2位はオーストラリア、3位はペルーで、世界の銅鉱山埋蔵量の10.57%、8.75%を占めた。中国にも一定の銅鉱山埋蔵量があり、2021年の中国の銅鉱山埋蔵量は約2,600万トンで、世界の銅鉱山埋蔵量の2.95%を占めている。

 

2、世界の銅鉱山消費分布

 

 銅精鉱は主に精錬銅の製造に用いられるので、精錬銅の製造分布は銅鉱石の消費分布をよりよく反映することができる。

 

 銅製品産業チェーンは主に鉱山採掘などの川上段階、銅鉱山の製錬、材料への加工などの川中段階、末端消費などの川下段階および原料・製品貿易などの中間流通段階からなる。川上では主に鉱物業者が鉱山の原鉱の採掘と洗選を行い、主原料である銅精鉱を産出している。川中は主に製錬段階と加工段階を含む。製錬工程では、銅製錬所が銅精鉱や廃銅などの原料を粗製錬し、粗銅(銅含有量約98.5%)を産出する。さらに粗銅を精錬し、直接加工に使用できる精錬銅(銅含有量約99%)を産出する。

 

 その中で、銅精鉱から製錬して得られた精錬銅は原生精錬銅である、回収された廃銅を製錬して得られた精錬銅を再生精錬銅とする。加工段階では、銅加工企業が異なるプロセスにより精錬銅を加工し、銅棒、銅管、銅板テープ、銅箔など、さまざまな形状の銅材製品を産出している。川下の各末端顧客は自身の需要に基づき、異なる銅材製品を購入及び消費する。中間段階は主に貿易商が流通サービスを提供し、関連する原料と製品は主に銅精鉱、精錬銅及び各種銅材である。うち、銅精鉱は国際及び国内市場の最も主要な貿易品目である。

 

二、銅山業界の分析

 

1、銅鉱山業界の市場規模と需要分析

 

 2022年の世界の銅精鉱需要は主にアジア、米州、欧州の3地域に集中しており、国際銅業研究機関(International Copper Study Group)などの統計データによると、2022年の世界の銅精鉱需要量は前年比1.60%増の増加傾向を維持し、2022年の世界の銅精鉱需要量は1,814万トンとなった。2023年には前年比4.00%増の1,887万トンの需要が見込まれている。

 

 2022年、世界の銅精鉱需要は総じて良好な伸び率を維持したが、伸び率は予想をやや下回った。主にチリの一部製錬所が相次いで生産を一時停止したことでチリの銅精鉱需要量が前年同期比で減少したことや、中国の銅精鉱需要量の伸び率が全体的に予想を下回ったことが影響した。銅鉱山の需要は、日本、ロシア、ザンビア、韓国、ポーランド、米国などの主要国で小幅に増加しているか、比較的横ばいで推移している。

 

 現在、世界の銅製錬生産能力の分布は比較的集中しており、アジア地域の銅精鉱需要量が最も多く、2022年の中国、日本、インド、韓国の4カ国の銅精鉱需要量は合計1000万トン前後で、世界の銅精鉱需要総量の半分以上を占め、うち2022年の中国の銅精鉱需要量は約800万トンとなっている。

 

2、中国の精銅消費量の状況

 

 銅は延性が良く、熱伝導性と導電性が高いなどの特徴があり、多くの合金を構成することができるため、銅は電力ケーブル、電子部品、建築材料、家電などの分野で応用が広い。主な精銅消費国・地域を分析すると、電力や新エネルギー車などの分野を除き、2022年の中国の各末端製品の消費は比較的安定した傾向を示し、精銅消費量は0.20%増の1,332.00万トンで、世界の精銅消費量の54.20%を占めた。近年、中国の新エネルギー自動車産業の発展に伴い、銅の需要量も日増しに増加している。

 

 中電聯の統計によると、2022年末時点で、全国の全口径発電設備容量は前年同期比7.8%増の25.6億キロワットとなった。2022年、全国で新たに発電設備容量が2.0億キロワット増加し、うち非化石エネルギー発電設備容量が1.6億キロワット増加し、新たに稼働した総発電設備規模および非化石エネルギー発電設備規模はいずれも過去最高を更新した。2022年末時点で、全国の全口径発電設備容量は25.6億キロワットで、うち非化石エネルギー発電設備容量は前年同期比13.8%増の12.7億キロワットだった。新能源発電の急速な発展にけん引され、2023年通年の全国の新規発電設備規模は約2.5億キロワットに達する見込みで、2023年末の全国の発電設備容量は約28.1億キロワットに達する見通しだ。第14次五カ年計画期間中、国家電網は3,500億ドル(約2.23兆元)を投じて電力網のモデルチェンジ・アップグレードを推進する計画で、2023-2025年にかけて中国の電力網投資には依然として大きな増加の余地があることを意味し、さらに銅の需要を促進することになる。

 

、輸出入

 

1、輸入(銅精鉱)

 

 2023年10月の中国の銅精鉱輸入量は2,309,737.74トンで、前年同期は1,868,750.76トン、前月は2,241,135.22トンで、前年同月比23.60%増、前月比3.06%増となった。

 

 2023年10月の中国の銅精鉱輸入額は5,028,186,662.00米ドルで、前年同期は3,728,531,072.00米ドル、前月は4,904,189,034.00米ドルで、前年同月比34.86%増、前月比2.53%増となった。輸入平均価格は2,176.95米ドル/トンで、前年同期は1,995.20米ドル/トン、前月は2,188.26米ドル/トンだった。

 

 2023年1-10月に中国が輸入した銅精鉱は累計22,663,629.26トンで、前年同期は前年同期比8.94%増の20,802,907.56トンだった。

 

2、輸入(精錬銅)

 

 中国の10月の精錬銅輸入量は、前月比3.02%増の354565トン、前年同月比33.86%増だった。20231-10月の国内精錬銅輸入量は累計299.91万トンで、前年同期比8.04%減少した。

 

 

四、国内生産量

 

 2023年10月の精錬銅(銅地金)の中国国内生産量は、前年同月比で増加した。2023年10月の全国の精錬銅生産量は前年比13.3%増の113.1万トンだった。2023年1-10月の全国の精錬銅生産量は前年同期比13.6%増の1069.2万トンだった。

 

 

 

(趙 嘉瑋)

 

 

関連記事

関連記事をもっと見る