新着情報

2024/04/23   アルコニックス:特...
2024/04/23   米国ボルチモア港閉...
2024/04/23   会話で読み解くLM...
2024/04/23   国内パソコン出荷2...
2024/04/23   紙・古紙市場近況 ...
2024/04/23   シリコン輸出入Re...
2024/04/23   貿易統計シリコン輸...
2024/04/23   2024年3月伸銅...
2024/04/23   脱炭素の部屋#16...
2024/04/23   自動車の「再生材利...
2024/04/23   エンビプロHD:自...
2024/04/23   米英のロシア産金属...
2024/04/23   MARKET TA...
2024/04/23   日本製鉄の水素活用...
2024/04/23   レアアース市場近況...
2024/04/22   アルミUBC自治体...
2024/04/22   パナソニック エナ...
2024/04/22   JX金属:資源循環...
2024/04/22   LME Weekl...
2024/04/22   豪政府、国内資源2...

鉛バッテリースクラップ市場近況2024# 3 下げ局面入り 仲値で上旬比1キロ4円安に

 年明け一度下げた後、高値圏でもちあってきた鉛バッテリースクラップ市況の下げが目立ってきた。14日現在、2月上旬比4円安の1キロ93円(仲値)での推移となっている。一本調子の上昇局面が続いた2023年後半の市況展開を受けて、1キロ100円ラインを目安に取引の安定化を模索する動きも一部に出て高値圏にあったが、冬場に発生増となる季節要因、そして精錬メーカー段階での在庫積み上がりを色濃く映し始めた形だ。発生薄から上昇サイクルに入る5月まで、なお調整余地を残す相場展開になってきた。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る