新着情報

2024/05/26   過熱するアルミ合金...
2024/05/25   MARKET TA...
2024/05/24   黒崎播磨:24/3...
2024/05/24   黒崎播磨:24/3...
2024/05/24   中・東欧で「一帯一...
2024/05/24   日鉄ステンレス:井...
2024/05/24   住友金属鉱山:コテ...
2024/05/24   再資源化事業高度化...
2024/05/24   Americas ...
2024/05/24   展示会で目立った「...
2024/05/24   国内産業用ロボット...
2024/05/24   二次電池PSI-R...
2024/05/24   国内FPD製造装置...
2024/05/24   国内半導体製造装置...
2024/05/24   2024年度講演会...
2024/05/24   「アスベスト」処理...
2024/05/24   2024半導体動向...
2024/05/24   MARKET TA...
2024/05/24   工作機械工業会4月...
2024/05/23   鉛バッテリー不買運...

レゾナック:世界初、Truck to Ship方式による燃料アンモニア供給を決定

 2024年4月10日、レゾナックは「世界初、Truck to Ship方式による燃料アンモニア供給を決定~5月下旬にも横浜港でアンモニア燃料タグボートに供給~」を発表した。

 詳細は以下。

 

 株式会社レゾナック(社長:髙橋秀仁、以下、当社)は、日本郵船株式会社(以下、日本郵船)、株式会社JERA(以下、JERA)、株式会社新日本海洋社(以下、新日本海洋社)、東京パワーテクノロジー株式会社(以下、東京パワーテクノロジー)とともに、本年6月に竣工する予定のアンモニア燃料タグボート(以下、A-tug)に対して、5月下旬に燃料アンモニアの供給を実施することを正式に決定しました。Truck to Ship方式*1での船舶への燃料アンモニアの供給は世界初*2。

 2023年12月に日本郵船、JERA、当社の3社で燃料アンモニアの船舶への供給に向けた共同検討に関する契約を締結した。その後安全な運用方法の確立、港湾地区への輸送・受け入れ態勢の構築、供給に関する諸ルールの形成に向けた関係各所への働きかけなどを、協力して取り組んできた。

 このたび、安心・安全な燃料アンモニアの船舶への供給の目途が立ったことで、タンクローリー車から竣工間近のA-Tugへアンモニアを横浜港にて供給することを決定した。この供給は5月下旬に行うことを予定する。供給する製品は当社の低炭素アンモニアで、家庭や企業からゴミとして排出される使用済みプラスチックを原料の一部に使用して製造している。なお、アンモニアの製造過程で発生する二酸化炭素は、すべてドライアイスや炭酸飲料等の原料に活用されるなど資源循環を実現する。

 

 発表式は、4月10日に、東京ビッグサイトで開催されている日本最大の国際海事展「Sea Japan 2024」で実施しました。式典には、当社足立浩業務執行役基礎化学品事業部長、日本郵船の横山勉執行役員、JERAの加藤雄一郎LCFバリューチェーン統轄部長、新日本海洋社の加藤毅代表取締役社長、東京パワーテクノロジーの嶋田修執行役員をはじめとする関係者が出席した。

 

[左から、日本郵船 横山勉執行役員、JERA 加藤雄一郎LCFバリューチェーン統括部長、 新日本海洋社 加藤毅代表取締役社長、東京パワーテクノロジー 嶋田修執行役員、 レゾナック 足立浩業務執行役基礎化学品事業部長] 左から、日本郵船 横山勉執行役員、JERA 加藤雄一郎LCFバリューチェーン統括部長、 新日本海洋社 加藤毅代表取締役社長、東京パワーテクノロジー 嶋田修執行役員、 レゾナック 足立浩業務執行役基礎化学品事業部長

 

■㈱レゾナック 基礎化学品事業部長 足立浩 コメント要旨

「世界初のアンモニア船への燃料供給に携われることを大変光栄に思っています。当社の役割は、燃料に使われるアンモニアを安定的に生産し、船舶まで安全に輸送を行うことです。当社は1931年に川崎事業所で日本最初の国産技術を使ったアンモニアの生産に成功して以来、90年以上にわたり日本のアンモニアの安定供給に貢献してきました。長年蓄積されたノウハウを活かし、本プロジェクトに貢献していきます。今回のプロジェクトで供給するアンモニアの一部は、使用済みプラスチックをリサイクルしたもので、環境に配慮した製品です。当社はガス化ケミカルリサイクルによる低炭素なアンモニアを20年以上の長期にわたり生産しており、本プロジェクトのコンセプトである脱炭素にもマッチする、アンモニアを提供できることを大変嬉しく思います。」

 

*1 Truck to Ship方式:船舶への燃料供給手法の一つで、タンクローリーよりフレキシブルホースを用い、船舶へ燃料を供給する方式。

*2 日本郵船調べ。商業ベースで運航するアンモニア燃料船に対し、Truck to Shipで燃料供給する事例は世界初。

 

(参考)

2023年12月13日発表:世界初!船舶へのアンモニア燃料供給の実現に向けて日本郵船・JERAと共同契約を締結

https://www.resonac.com/jp/news/2023/12/13/2810.html

 

 

 

関連記事

関連記事をもっと見る