新着情報

2024/07/25   NEDO、重希土フ...
2024/07/25   MRAI第二回国際...
2024/07/25   スキー場跡地をバイ...
2024/07/25   液化水素サプライチ...
2024/07/25   インドネシア産中間...
2024/07/25   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/07/25   伊藤忠丸紅鉄鋼、ス...
2024/07/25   CO2排出しない純...
2024/07/25   日本製鉄:宝山鉄鋼...
2024/07/25   原油価格の動向(7...
2024/07/25   宇津木金属、リユー...
2024/07/25   住友金属鉱山:モレ...
2024/07/25   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/07/25   MARKET TA...
2024/07/25   【CEシンポ登壇企...
2024/07/24   SUSscrap ...
2024/07/24   Fe Scrap ...
2024/07/24   廃コンクリートにC...
2024/07/24   阪和グループの正起...
2024/07/24   世界の粗鋼生産量:...

鉱石ひっ迫でTCの下落続く「鉱石足らずの地金余り状態」――亜鉛需給動向

 亜鉛鉱石のTCスポット相場の下落に拍車が掛かっている。13日現在1トン29.8ドルで推移しており、およそ2カ月で60%近く下落した計算だ。エネルギー価格の上昇などを理由に操業を停止していた製錬所の操業再開も伝えられているが、依然「鉱石のひっ迫感は強く価格も高止まりしている」(扱い商社筋)という。このため、LME相場を上限に鉱石代を差し引く形で水準が決まるTC(鉱石を精鉱にする際の処理費)相場などが、そのしわ寄せを食っている。上値を試していたLME相場も、米の利下げ観測の後退や中国景気の減速懸念などを映して下げ始めており、目先、連れ高効果は見込みにくい。底値確認はいつか、それがTC相場の当面の焦点になってきた。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る