新着情報

2024/07/25   NEDO、重希土フ...
2024/07/25   MRAI第二回国際...
2024/07/25   スキー場跡地をバイ...
2024/07/25   液化水素サプライチ...
2024/07/25   インドネシア産中間...
2024/07/25   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/07/25   伊藤忠丸紅鉄鋼、ス...
2024/07/25   CO2排出しない純...
2024/07/25   日本製鉄:宝山鉄鋼...
2024/07/25   原油価格の動向(7...
2024/07/25   宇津木金属、リユー...
2024/07/25   住友金属鉱山:モレ...
2024/07/25   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/07/25   MARKET TA...
2024/07/25   【CEシンポ登壇企...
2024/07/24   SUSscrap ...
2024/07/24   Fe Scrap ...
2024/07/24   廃コンクリートにC...
2024/07/24   阪和グループの正起...
2024/07/24   世界の粗鋼生産量:...

中国のレアアース(希土類)酸化物輸出入国別状況 2024年4月

 ここ数年、米国、EU、日本などいくつかの大経済体は相次いでレアアース資源を国家戦略資源備蓄に組み入れる各種政策を打ち出し、本土のレアアース産業チェーンを確立し、中国のレアアース資源輸出への依存を防ごうとしている。米国が真っ先に動き、かつて操業を停止していたレアアース鉱山の一部が操業を再開した。また、米国はアフリカや南米、東南アジアのレアアース鉱床がある国とも接触しており、現地でレアアースの採掘を進めたいとしている。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る