メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/08/14   豪Iluka社 ミ...
2020/08/14   《Metal Pr...
2020/08/14   《Metal Pr...
2020/08/14   《Metal Pr...
2020/08/14   《Metal Pr...
2020/08/14   2020年前半の半...
2020/08/14   2020年6月カド...
2020/08/14   電子部品輸出Rep...
2020/08/14   電池、 ステンレス...
2020/08/14   Teck reso...
2020/08/14   鉄鉱石関係者には完...
2020/08/14   RSテクノロジーズ...
2020/08/14   MARKET TA...
2020/08/14   工作機械工業会7月...
2020/08/14   欧州からの風#10...
2020/08/14   13日の中国鋼材ス...
2020/08/13   2020年7月中古...
2020/08/13   米国rPETボトル...
2020/08/13   中国安徽省 NEV...
2020/08/13   亜鉛地金輸出Rep...

7月スタート建値、銅はLME相場6,000ドル突入、10円引き上げ690円に

2020.07.01 10:39

 1日、非鉄製錬各社から発表された7月スタート建値は銅が前月末比10円引き上げのキロ690円、亜鉛は据え置きの274円、鉛は3円引き上げの255円となった。

 

 日本伸銅真鍮削粉は6円引上げの487円でスタート。

 

 LME銅相場は、前回6月26日に10円引き上げキロ680円とした時点で5,900ドル目前の5,893ドルで引けていたが(現地25日)、中国経済の再開本格化と新型コロナ感染拡大によるチリ・ペルーなど主要産銅国での操業制限が買い材料となって、最終日30日には6カ月ぶりに6,000ドル台到達、6,015ドルで引けていた。これにより4-6月第2四半期の上げ幅も過去10年間で最大となっている。

 

 為替は26日朝時点TTS 1ドル=108.12円に対し足元109.12円と1円の円安となり、LME銅上昇と相まって今回の改定となった。

 

 LME鉛相場は、前回改定時(日本時間6月17日)6月16日終値は1,761.5ドルまで上昇していたがその後も堅調に推移30日終値は1,774ドル。

 

 為替は17日TTS109.88円から足元109.12円で76銭の円高ドル安となっている。

 

 

LME銅相場 3ヶ月

グラフ

 

 

LME亜鉛相場 3ヶ月

グラフ

 

 

LME鉛相場 3ヶ月

グラフ

 

 

ドル円為替相場 3ヶ月

グラフ

 

 

表

 

 

(IRUNIVERSE S.Aoyama)

 

 

関連記事