新着情報  - News -

2022/12/06   独シェフラー 電動...
2022/12/06   「蓄電池のサステナ...
2022/12/06   クラレ 活性炭なら...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   タンザニアからの報...
2022/12/06   三菱ケミカル 魚が...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   脱炭素の部屋#92...
2022/12/06   ACE Green...
2022/12/06   2022年10月 ...
2022/12/06   旭化成 オランダ・...
2022/12/06   トライシクル、リサ...
2022/12/06   集積回路輸出入Re...
2022/12/06   中古車暴落のXデー...
2022/12/06   磁石を用いた水中マ...
2022/12/06   各種チタン市況(1...
2022/12/06   SUSscrap ...
2022/12/06   2022年10月 ...

2022年9月中国アルミ棒生産稼働の状況解析

2022.09.30 18:35
9月下旬までの中国のアルミ棒160社余りの生産企業のサンプル統計をみると、全体の生産能力は3,300万トン余りに達したが、一部の地域には一定量の遊休生産能力(企業のアルミ棒生産ラインが連続して1年以上停止している)があった。 原料の欠如や設備の老朽化、あるいは企業のモデルチェンジ、業界の淘汰などの要素が重なり、生産能力が遊休になったのだ。その中で、伝統的な老舗の生産基地の閉鎖率はさらに際立っており、近年の技術設備の更新業界参入基準の規範化などに伴い、新興市場が台頭し、古い産業基地のシェアが激減している。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事