新着情報

2024/05/29   BIR in コペ...
2024/05/28   UACJ:IR-D...
2024/05/28   BIR in コペ...
2024/05/28   2024年国際リサ...
2024/05/28   UACJ:IR-D...
2024/05/28   タングステン市場近...
2024/05/28   2024年3月 E...
2024/05/28   アルコニックス:坂...
2024/05/28   SUBARU、トヨ...
2024/05/28   (株)タケエイ「使...
2024/05/28   国際協力銀行:トヨ...
2024/05/28   東鉄田原の製鋼一時...
2024/05/28   UACJ:IR-D...
2024/05/28   中国備蓄局、コバル...
2024/05/28   輸入・国産ナフサ市...
2024/05/28   スポンジチタンメー...
2024/05/28   三和油化工業(41...
2024/05/28   脱炭素の部屋#16...
2024/05/28   MARKET TA...
2024/05/28   東京製鐵:田原工場...

民間の技術を防衛の技術へ 東陽テクニカ

歴史において、戦争で使用するために、技術開発、技術の向上が見られた開発は多いが、代表例として航空機が挙げられる。 第一次大戦(1914~1918)では、大戦当初使用された航空機は、速度も遅く、地上から簡単に撃ち落されてしまう程度の物だったが、その内技術の向上により、速度が向上、大規模な空中戦も行われるほどになった。その後勃発した、第二次大戦(1939~1945)では、戦車と共に、航空機は戦争の勝敗を決する要因の物となった。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る