新着情報

2024/02/28   「第9回 Batt...
2024/02/28   原油価格の動向(2...
2024/02/28   スポンジチタンメー...
2024/02/28   貿易統計(1月):...
2024/02/28   電力取引量(2月)
2024/02/28   米国 ロシアへの追...
2024/02/28   セメント見掛消費量...
2024/02/28   まさに今週は“BA...
2024/02/28   貿易統計(1月):...
2024/02/28   「第9回 Batt...
2024/02/28   貿易統計(1月):...
2024/02/28   貿易統計(1月):...
2024/02/28   貿易統計(1月):...
2024/02/28   貿易統計(1月):...
2024/02/28   中国ゲルマニウム取...
2024/02/28   中国 LIB負極材...
2024/02/28   中国 LFP材料も...
2024/02/28   格林美・インドネシ...
2024/02/28   中国 鉄スクラッフ...
2024/02/28   電解アルミニウムの...

半導体WARS 中国産コアは14nm止まり?

 ここ数年、米中貿易戦争は中国のチップ産業に少なからぬ悩みをもたらしている。そしてこの正念場に、日米チップ禁止令が出たことが中国のチップ企業にさらに追い打ちをかけたのは間違いない。禁止規定によると、米国と日本は中国へのチップなどの中核機器の輸出を禁止することになり、中国のチップメーカーの技術革新と市場開拓にとって大きな挑戦となる。

 

1、米国のチップ禁止が中国のチップ産業に与える影響

 

 米政府は今年8月にファーウェイなどへのチップ輸出規制を発表しており、中国のチップメーカーは先進的なチップを入手できない苦境に立たされている。特に高性能・高集積度のチップは、米国の制裁を受けているため、中国のチップ企業は市場から購入できず、独自開発に頼るしかないが、それにはより多くの時間と投資が必要となる。

 

 また、米国の禁止措置により、中国のチップメーカーの国際協力が制限されている。国際的なパートナーの多くは、中国のチップ企業と提携することで米国の制裁の影響を受けることを懸念しており、提携意欲は弱まっている。これは中国のチップ企業に技術革新と市場開拓の面で困難をもたらしていることは間違いない。

 

2、日本の関連製造機器の輸出禁止が中国のチップ産業に与える衝撃

 

米国に続き、日本政府もチップなどの中核機器を含む一部のハイテク製品・素材の輸出規制を発表した。世界のチップ製造業の重要な一環である日本の禁止措置により、中国のチップ企業は日本から重要なチップ設備を購入できなくなった。これは中国のチップ企業の研究開発、生産、市場競争に極めて大きな悩みをもたらしている。

 

3、中国チップ企業の自主イノベーションへの取り組み

    

日米のチップ禁止は中国のチップ企業に大きな挑戦をもたらしたが、中国のチップ企業はそれにめげなかった。逆に、独自イノベーションの重要性を認識し、技術開発への投資を拡大している。中国政府もチップ産業の重要性を認識しており、すでにチップ産業の発展を支援する一連の政策を制定している。これらの政策の支援により、中国のチップ企業は技術研究開発、市場開拓などの面でより多くの支援と資源を得ている。

 

4、国際協力の重要な役割

 

日米チップ禁止は中国チップ企業の国際協力に制限をもたらしたが、国際協力は依然として中国チップ企業の発展の鍵となっている。中国のチップ企業は他国・地域との協力機会を積極的に模索し、協力を通じて技術水準の向上、先進設備の導入、市場の拡大を図ることができる。

 

また、国際協力により、中国のチップ企業は国際市場のニーズをよりよく学び、理解し、製品の適応性と競争力を高めることができる。また、知的財産権の保護強化も、中国のチップ企業の国際協力における権益を保護する重要な措置だ。

 

5、政府支援の重要性

 

政府の支援は中国のチップ産業の発展にとって極めて重要だ。現在すでに制定されている支援政策と資金投入のほか、政府はチップ産業の法律法規体系を持続的に改善し、チップ産業への資金支援と政策支援を拡大し、より多くの民間企業と革新型企業がチップ産業の発展に参与するよう奨励する必要がある。

 

また、政府は産学研協力を組織し、研究開発プラットフォームを構築するなどの方法で、中国のチップ企業の技術革新と市場開拓を促進することができる。

 

 

(趙 嘉瑋)

 

 

関連記事

関連記事をもっと見る