新着情報

2024/02/27   白黒レンガ業績比較...
2024/02/27   はんだ国内生販在R...
2024/02/27   2024年1月伸銅...
2024/02/27   日本製鉄:米政権が...
2024/02/27   脱炭素の部屋#15...
2024/02/27   LME Weekl...
2024/02/27   電池生産で自律を目...
2024/02/27   MARKET TA...
2024/02/26   ギニアの採掘・探査...
2024/02/26   EUの炭素国境調整...
2024/02/26   米大手SUS&Ni...
2024/02/26   中国・紫金鉱業、チ...
2024/02/26   工具生販在Repo...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   国内半導体生販在R...
2024/02/26   国内FPD製造装置...
2024/02/26   国内半導体製造装置...
2024/02/26   アジア合成樹脂市況...

鉛バッテリースクラップ市場近況2023#13 今年初の反落場面に――精錬メーカーの在庫手当て一段落

 年初来上げ基調を見せてきた鉛バッテリースクラップ市況が反落した。7日現在、11月中旬比8円安の1キロ102円の水準(仲値)にある。発生薄が続く中、精錬メーカーは高値買いで集荷を急いできたが、当面の在庫手当てにメドがつき、買いを手控え始めたためだ。ただ、出遅れていた輸出業者がここにきて高値買い付けに動いており、一本調子での下げも予想しづらい状況で、年内同値圏で推移するとの見方もある。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る