新着情報

2024/06/17   アルミ合金&スクラ...
2024/06/17   リファインバース ...
2024/06/17   コバルト市場近況2...
2024/06/17   愛知製鋼 Ni系S...
2024/06/17   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/06/17   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/17   2024年4月のス...
2024/06/17   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/17   中国経済、一段の悪...
2024/06/17   三井物産 インドの...
2024/06/17   東京製鐵 2024...
2024/06/17   LME Weekl...
2024/06/17   はんだ輸出入レポー...
2024/06/17   超硬工具輸出Rep...
2024/06/17   新技術 チタンの高...
2024/06/17   国内電気銅PSI ...
2024/06/17   国内伸銅品PSI実...
2024/06/17   二次電池輸出Rep...
2024/06/17   エンビプロHD、レ...
2024/06/17   2024年4月 鉄...

UBCの狂騰相場はやはり本物か!? 神戸市6-7月渡しの1番札は、290円超え

 4月下旬に行われた神戸市で行われた6-7月渡しのアルミUBC入札は、地元大栄環境の子会社であるトライアールが291.34円(アルミ缶Aプレス キロ当たり円)という驚きの高値で落札した。次に誠宇ジャパンが280円(同)と続いた。291円という異次元の価格帯に「ここまでくるとは...驚きを隠せない」(関係者)との声がでており、狂騰相場は今後も続くのか?
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る