新着情報

2024/06/18   愛知県の太田商店が...
2024/06/18   JX金属:次世代半...
2024/06/18   三菱マテリアル:電...
2024/06/18   レアアース市場近況...
2024/06/18   トクヤマ PVC価...
2024/06/18   貴金属PGM市場近...
2024/06/18   ここは日本か?海外...
2024/06/18   国内酸化チタンPS...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   カナダ政府、レアア...
2024/06/18   中国ステンレス業界...
2024/06/18   経産省、チリとの鉱...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/18   Americas ...
2024/06/18   脱炭素の部屋#17...

2024半導体動向#16 Suppliers個別状況3 Samsung Electronics

2024年第1四半期のSamsung半導体部門業績、5四半期ぶりに黒字化を達成  半導体(Device Solutions: DS)部門の売上高は前年同期比68%増の23兆1400億ウォンとなったほか、営業損益は前年同期の4兆5800億ウォンの赤字から1兆9100億ウォンの黒字へと、5四半期ぶりの黒字を計上した。各事業別に見ると、半導体メモリ事業は、HBMを中心にDDR5、サーバSSD、UFS 4.0といった高付加価値製品に注力することでサーバ、ストレージ、PC、モバイルの各分野の需要に応えるなど質的な成長と、平均販売価格(ASP)の上昇を後押しに、売上高は同17兆4900億ウォンとなったほか、黒字化も達成したとする。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る