新着情報

2024/07/25   NEDO、重希土フ...
2024/07/25   MRAI第二回国際...
2024/07/25   スキー場跡地をバイ...
2024/07/25   液化水素サプライチ...
2024/07/25   インドネシア産中間...
2024/07/25   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/07/25   伊藤忠丸紅鉄鋼、ス...
2024/07/25   CO2排出しない純...
2024/07/25   日本製鉄:宝山鉄鋼...
2024/07/25   原油価格の動向(7...
2024/07/25   宇津木金属、リユー...
2024/07/25   住友金属鉱山:モレ...
2024/07/25   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/07/25   MARKET TA...
2024/07/25   【CEシンポ登壇企...
2024/07/24   SUSscrap ...
2024/07/24   Fe Scrap ...
2024/07/24   廃コンクリートにC...
2024/07/24   阪和グループの正起...
2024/07/24   世界の粗鋼生産量:...

世界の半導体需要と搭載機器シリーズ#12 ワイヤード通信機器2

DSL CPE  DSL(Digital Subscriber Line) は、電話局からユーザー宅に引かれているメタル線(アナログ回線)を使って、高速なデータ転送を実現する技術のことである。DSLとは、デジタル加入者線(Digital Subscriber Line)の略称であり、この技術を用いることで、従来の電話回線を利用したモデムよりも高速なインターネット接続が可能になる。また、音声通信とインターネット接続が同時に行えるため、同じ回線を使用することで通信コストを削減することもできる。光ファイバーと比較すると、DSLの初期費用は比較的低くおさえられている。また、建物内に設置された配線を利用するため、既存の設備を活用することができる。DSLには以下の種類がある。(ソース:The SIMPLE)
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る