メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/08/08   住友金属鉱山:決算...
2020/08/08   岡本工作機械(61...
2020/08/08   MARKET TA...
2020/08/08   7日の中国鋼材スプ...
2020/08/08   DOWA HD:上...
2020/08/08   日本カーボン:おお...
2020/08/07   三井金属:今上期業...
2020/08/07   NEDO、ドローン...
2020/08/07   三井金属、新型コロ...
2020/08/07   東邦亜鉛、今1Qで...
2020/08/07   IRRSG/ZOO...
2020/08/07   《Metal Pr...
2020/08/07   《Metal Pr...
2020/08/07   《Metal Pr...
2020/08/07   《Metal Pr...
2020/08/07   東京製鐵、鉄スクラ...
2020/08/07   Teslaの支持に...
2020/08/07   鉄子の部屋#20 ...
2020/08/07   大平洋金属:後半は...
2020/08/07   CobaltWat...

欧州からの風#88:規制編 「EU、国別に廃プラ輸出禁止へ」

2020.07.07 10:42

 欧州の国々が国内で処理できない廃プラをアジア諸国へ輸出し、その廃プラが輸出先の国々を汚染している現状は環境団体やNGOなどのアピールもあり、EU各国でも問題視されてきた。

 

 昨年の5月に改定が行われた国連のバーゼル条約ではこうした背景を受けて、その汚染物質を含むプラスチック廃棄物の輸出国は、輸送前に輸入国からの同意書が必要となることが定められた。この内容は来年1月から有効となるもので、後進国が自国内の公害汚染の原因となるプラスチック廃棄物の流入を拒めるよう、その権利を強化する狙いがある。

 

 EC は(欧州委員会)このバーゼル条約改定版の批准を行うべく作業を行なっているが、EUの草案はバーゼル条約の枠を越える内容を提案、有害物質やリサイクル不可能な物質を含むプラスチック廃棄物については、輸入国の同意の上でOECD加盟国へのみ輸出が可能としている。OECD加盟国以外の国への輸送禁止については、低品位の廃プラほとんどが対象となる。またOECD国へ輸出される際の管理体制も設定している。尚、現在はECはサイトにて、草案に対する一般からのコメントを受け付けている。(7月22日まで)

 

 この草案が可決された場合、結果としてEU圏内で処理を義務付けられた廃プラ量が増加することになる。あるリサイクル業界団体の顧問によると、欧州はプラスチックのリサイクル量を上げる処理能力は十分所持しているが、実際の問題は仕分けだという。特に家庭ゴミにおける仕分けが適切になされていないため、多くのプラスチックに異物が混入しリサイクルができない状態だという。

 

 新型コロナウィルスの感染拡大により、マスクや手袋、医療器具が激増、またロックダウン下では、異物が混入している家庭ゴミや低品位な廃プラが急増、逆に品位の高い産業廃棄物やプレコンシューマ材料などが減少している。

 

 また、現在、欧州におけるプラスチックリサイクル市場は、石油の低価格が続いているため、バージンプラスチックとの競争には非常に不利な状況だ。

 

 こうした現状を考えると、新法案の施行によりEU圏内における廃プラ量が増加した場合、最終的に焼却処理される量が上昇することになるという。

 

Sources:

 ・https://news.bloomberglaw.com/environment-and-energy/eu-moves-to-ban-certain-plastic-waste-exports-to-poor-nations

 ・https://ec.europa.eu/info/law/better-regulation/have-your-say/initiatives/12256-EU-rules-on-transboundary-waste-shipments-update-concerning-plastic-wastes

 

 

(Y.SCHANZ)

 

 

********************************

SCHANZ, Yukari

 オーストリア、ウィーン在住フリーライター。現在、ウィーンとパリを拠点に、欧州におけるフランス語、英語圏の文化、経済、産業、政治、環境リサイクル分野での執筆活動および政策調査に携わっている。専門は国際政治、軍事、語学。

 趣味は、書道、絵画、旅行、フランスワインの飲酒、カラオケ、犬の飼育。

*ヨーロッパに御用がある際はぜひご連絡ください→info@iruniverse.co.jp(窓口:川合)

*********************************

 

 

 

関連記事