新着情報

2024/02/27   第9回バッテリーサ...
2024/02/27   大栄環境:リサイク...
2024/02/27   パナソニックエナジ...
2024/02/27   住友金属鉱山:PT...
2024/02/27   白黒レンガ業績比較...
2024/02/27   はんだ国内生販在R...
2024/02/27   2024年1月伸銅...
2024/02/27   日本製鉄:米政権が...
2024/02/27   脱炭素の部屋#15...
2024/02/27   LME Weekl...
2024/02/27   電池生産で自律を目...
2024/02/27   MARKET TA...
2024/02/26   ギニアの採掘・探査...
2024/02/26   EUの炭素国境調整...
2024/02/26   米大手SUS&Ni...
2024/02/26   中国・紫金鉱業、チ...
2024/02/26   工具生販在Repo...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...

米国および世界のE-WASTE発生、リサイクル状況について

米国では、電子機器は毎年投げ捨てられてきた様に感じますが、それは本当でしょうか。 携帯電話は契約が終ると同時に死んで、テレビは薄型テレビが新たに販売されると、大型テレビは大きいが故に邪魔になる。毎年電子機器は少し効率的になり、我々は携帯電話、タブレット、テレビ、そしてコンピューターを出来るだけ長く使い、処分場へのe-wasteの廃棄や電子機器をリサイクルせずになっている状況を削減しなければいけない。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る