新着情報  - News -

2022/05/25   国内半導体テスタ生...
2022/05/25   台湾:ステンレス市...
2022/05/25   BIR国際リサイク...
2022/05/25   東港金属創立120...
2022/05/25   住友電工:電話会議...
2022/05/24   豪IGO 、中国T...
2022/05/24   住友電工:電話会議...
2022/05/24   豪Arafura ...
2022/05/24   アルミUBC自治体...
2022/05/24   工具生販在Repo...
2022/05/24   国内半導体製造装置...
2022/05/24   中国 4月のコバル...
2022/05/24   (速報)電子工業生...
2022/05/24   BHP、ロシア-ウ...
2022/05/24   国内パソコン出荷2...
2022/05/24   2021年度(確定...
2022/05/24   国内半導体生販在R...
2022/05/24   二次電池PSI-R...
2022/05/24   MARKET TA...
2022/05/24   波乱万丈だったスズ...

LME亜鉛相場ウクライナ情勢などで軟化 国内建値9円引き下げ466円に 鉛もdown

2022.01.26 10:22

 26日、三井金属鉱業から発表された亜鉛建値はキロ当たり6円引下げの466円、平均は467.1円となった。銅は据置1,170円、平均は1,176.3円。鉛建値もキロ3円引下げの330円に、平均は331.30円。

 

 日本伸銅真鍮削粉は1月6回目の改定で据え置きの852円。

 

 LME亜鉛相場は軟調。早期利上げ実施が予測される米FOMCを控える中、ウクライナ情勢が更に緊迫化。

 

 供給逼迫の懸念も然ることながら、地政学リスクの増幅が市場のセンチメントを冷やしている。

 

 為替は前回改定時TTS115.11円に対し、足下114.84円で27銭の円高。

 

 

LME亜鉛相場・国内建値推移 3ヶ月

グラフ

 

 

LME鉛相場・国内建値推移 3ヶ月

グラフ

 

 

ドル円為替相場 3ヶ月

グラフ

 

 

(IRUNIVERSE S.Aoyama)

 

 

関連記事