新着情報

2024/06/22   欧州 中国の酸化チ...
2024/06/22   MARKET TA...
2024/06/21   国際自動車リサイク...
2024/06/21   国際レアアースシン...
2024/06/21   日本冶金:微粒フェ...
2024/06/21   出光興産:SK m...
2024/06/21   出光興産:有機廃棄...
2024/06/21   IARC2024:...
2024/06/21   クラレ(3405)...
2024/06/21   REIA&...
2024/06/21   SUSscrap ...
2024/06/21   またしても・・イン...
2024/06/21   HSコードが決める...
2024/06/21   REIA&...
2024/06/21   2024年1Q、世...
2024/06/21   Applied M...
2024/06/21   ソニーの半導体次期...
2024/06/21   紙・古紙市場近況 ...
2024/06/21   第36回 ものづく...
2024/06/21   工具生販在Repo...

レゾナック、川崎カーボンニュートラルコンビナートの一員としてネットゼロ

レゾナック株式会社(社長:髙橋 秀仁)は、神奈川県川崎市が参画する「産業クラスターのネットゼロ移行イニシアティブ」に賛同することを決定した。

 

 レゾナックは、20231月に昭和電工株式会社と昭和電工マテリアルズ株式会社(旧日立化成株式会社)が統合して誕生した新会社。

 現在、レゾナックグループでは、2030年に向けてCO2排出量を2013年比30%削減するために、生産の合理化・高効率化や省エネルギー、燃料転換などの取り組みを進めている。また、2003年からは川崎事業所において、使用済み容器包装プラスチックからアンモニアや水素を生産するケミカルリサイクルにも取り組んでいる。同取り組みの20年間にわたる使用済み容器包装プラスチックの累計処理量は100万トン超で、世界一の実績がある。直近では、CO2の分離回収技術の開発や使用済み容器包装プラスチックからエチレン・プロピレン等の基礎化学原料を直接製造するための技術開発を開始するなど、脱炭素化に向けた取り組みも進めている。

 一方、同社川崎工場(各社拠点名)の立地自治体である川崎市が、世界経済フォーラムの主導する「産業クラスターのネットゼロ移行イニシアティブ(英語表記:Transitioning Industrial Clusters Towards Net Zero Initiative)※1」に、「川崎カーボンニュートラルコンビナート(英語表記:Kawasaki Carbon Neutral Industrial Complex)」として、日本で初めて参画した。

 この取り組みは、世界経済フォーラム※2により設立・運営されており、世界的な課題であるカーボンニュートラルの実現に向け、重要な役割を担う産業クラスターについて、国際的なクラスター間のノウハウ・知見を共有し、協業によるネットゼロ(カーボンニュートラル)を目指すもの。これまで世界各国の産業クラスター※3が参画し、会議による情報交換や連携しての情報発信が行われている。

 これについて、今回の参画主体である川崎市から、同社を含めた川崎カーボンニュートラルコンビナート形成推進協議会・川崎港カーボンニュートラルポート形成推進協議会会員企業へ賛同・協力の募集があり、同社はこれに賛同・協力を表明したものだ。

 今後、川崎市や他の賛同企業とともに、イニシアティブを積極的に活用し、国際的な情報発信及び他の産業クラスターとの連携に取り組み、川崎臨海部、ひいては首都圏のカーボンニュートラル化に貢献していくという。

 

イニシアティブにおける川崎臨海部紹介部分(出典:レゾナック)


【加盟にあたり賛同した企業一覧】
味の素株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、ENEOS株式会社、富士電機株式会社、JFEコンテイナー株式会社、
JFEホールディングス株式会社、JFEスチール株式会社、三菱化工機株式会社、株式会社日本触媒、NRS株式会社、株式会社レゾナック(旧:昭和電工株式会社)、太平洋セメントグループ、東芝エネルギーシステムズ株式会社、日本ゼオン株式会社 (英語表記時のアルファベット順)
 
1 イニシアティブHP
  https://initiatives.weforum.org/transitioning-industrial-clusters/home

2 世界経済フォーラム(World Economic Forum):官民両セクターの協力を通じて世界情勢の改善に取り組む国際機関
  https://jp.weforum.org/

3 イニシアティブに加盟する産業クラスター
Brightlands Circular Space(オランダ・南西部)、H2 Houston Hub(アメリカ・ヒューストン)、Ohio Clean Hydrogen Hub Alliance(アメリカ・オハイオ)、Port of Antwerp Bruges(ベルギー・アントワープ)、ZERO CARBON HUMBER(イギリス・ハンバー川流域)、HyNet North West(イギリス・ノースウエスト地方)、KWINANA INDUSTRIES COUNCIL(オーストラリア・クウィンアーナ)、BASQUE NET ZERO(スペイン・バスク地方)
以下は今回加入が発表されたクラスター
Andalusian Green Hydrogen Valley(スペイン・アンダルシア地方)、Canary Islands Industrial Cluster(スペイン・カナリア諸島)、Greater St Louis and Illinois Regional Clean Hydrogen Hub Industrial Cluster(アメリカ・セントルイス)、Indo-Pacific Net-zero Battery-Materials Consortium (INBC)(インドネシア・中スラウェシ州)、Jababeka Net-Zero Industrial Cluster(インドネシア・ジャバベカ工業団地)、Kawasaki Carbon Neutral Industrial Complex(日本・川崎)、National Capital Hydrogen Center(アメリカ・ワシントンDC)、Ordos-Envision Net Zero Industrial Park(中国・オルドス)、Sanjiang New Area Industrial Park(中国・三江) (イニシアティブ事務局の記載順)
詳細は世界経済フォーラムのプレスリリース参照。https://www.weforum.org/press/news/

       

                            

(IR universe rr)

 

関連記事

関連記事をもっと見る