新着情報

2024/06/18   JX金属:次世代半...
2024/06/18   三菱マテリアル:電...
2024/06/18   レアアース市場近況...
2024/06/18   トクヤマ PVC価...
2024/06/18   貴金属PGM市場近...
2024/06/18   ここは日本か?海外...
2024/06/18   国内酸化チタンPS...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   カナダ政府、レアア...
2024/06/18   中国ステンレス業界...
2024/06/18   経産省、チリとの鉱...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/18   Americas ...
2024/06/18   脱炭素の部屋#17...
2024/06/18   MARKET TA...

積水化学工業 東京都港湾施設にて国内最大規模のペロブスカイト太陽電池検証

 積水化学工業株式会社(代表取締役社長:加藤敬太)は、5月24日、フィルム型ペロブスカイト太陽電池の実装に向けた取り組みを東京都と進めている。今回、東京国際クルーズターミナルへのフィルム型ペロブスカイト太陽電池の設置が完了、国内最大規模(2024 年 5 月 24 日現在、同社調べ)となる港湾施設での検証を開始した。

 

 今後、2025 年 3 月 28 日までを目途に、検証を通じて、耐風圧や塩害に対する耐久性などの確認を行っていく。

 

 

【参考①】 共同事業内容
1)実施場所
東京国際クルーズターミナル 4階デッキ部
住所: 東京都江東区青海 2 丁目地先
2)目的
港湾施設は、脱炭素社会の実現に貢献する重要な潜在市場の一つであると考え、適用性を検証。発電した電気は蓄電池に充電し、TOKYO サインの点灯に活用する。
3)役割分担
東京都:総合調整および設置場所の提供など
積水化学工業:研究計画の策定、ペロブスカイト太陽電池の設置、計測および分析、港湾施設への適用に向けた研究開発など東京国際クルーズターミナルと設置場所

 

【参考②】 フィルム型ペロブスカイト太陽電池の今後の展開
 同社では、独自技術である「封止、成膜、材料、プロセス技術」を活かし、業界に先駆けて屋外耐久性 10 年相当を確認し30cm 幅のロール・ツー・ロール製造プロセスを構築している。さらに、同製造プロセス による発電効率 15.0%のフィルム型ペロブスカイト太陽電池の製造に成功。同件をはじめ、各種用途への設置を通して技術実証と設置・施工方法の確立を進めている。並行して、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のグリーンイノベーション基金を活用し、1m 幅での製造プロセスの確立、耐久性や発電効率のさらなる向上に向けた開発を進め、2025 年の事業化を目指す。

 

 

(IR universe rr)

 

 

関連記事

関連記事をもっと見る