新着情報

2024/06/17   アルミ合金&スクラ...
2024/06/17   リファインバース ...
2024/06/17   コバルト市場近況2...
2024/06/17   愛知製鋼 Ni系S...
2024/06/17   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/06/17   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/17   2024年4月のス...
2024/06/17   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/17   中国経済、一段の悪...
2024/06/17   三井物産 インドの...
2024/06/17   東京製鐵 2024...
2024/06/17   LME Weekl...
2024/06/17   はんだ輸出入レポー...
2024/06/17   超硬工具輸出Rep...
2024/06/17   新技術 チタンの高...
2024/06/17   国内電気銅PSI ...
2024/06/17   国内伸銅品PSI実...
2024/06/17   二次電池輸出Rep...
2024/06/17   エンビプロHD、レ...
2024/06/17   2024年4月 鉄...

帝人 ポリカーボネート樹脂シート・フィルムの生産増強〜次世代自動車向け

 帝人株式会社(本社:大阪市北区、社長:内川 哲茂)は、610日、次世代自動車における内装や車載機器の高品質化に対応するため、ポリカーボネート樹脂「パンライト」のシートおよびフィルムについて新しい生産ラインを立ち上げ、 17 日より生産を開始すると発表した。

 

 100年に 1 度の変革期とされる自動車業界では、自動車の自動運転化や電動化に伴い、車を移動手段としてだけでなく、快適な時間を過ごす空間とするため、内装のデザイン性の向上や車載機器の高品質化が進んでいる。

 

 そうした中、電気自動車などの次世代自動車では、光を透過して必要な時に情報を表示するタッチパネルや、フロントガラスに映像を投影するヘッドアップディスプレイといった光学機器の採用が増えている。光学機器には、耐衝撃性や透明性に優れたポリカーボネート樹脂のシートやフィルム が用いられており、内装デザインの多様性や投影する映像の美しさの向上につながる、高品質な製品へのニーズが年々高まっている。

 

 同社は、ポリカーボネート樹脂からシート・フィルムまでの一貫生産をしており、熱劣化の少ない高品質な製品の生産が可能で、既にポリカーボネート樹脂「パンライト」のシート・フィルム、 「パンライト」とアクリル樹脂の複層シート・フィルムを光学機器向けに展開しているが、市場からの高品質化のニーズに応えるため、新たな生産ラインを立ち上げた。

 

ポリカーボネート樹脂「パンライト」シート・フィルムの生産増強

 新たな生産ラインでは、従来品よりも平滑性や表面硬度に優れた厚み100 ミクロンから 500 ミクロンのシートおよびフィルムの製造が可能。特に、シートやフィルムの製造工程で生じる微細な歪みなどを抑えた平滑性の高さは業界最高水準(同社調べ) さらに、加工が容易で複雑な形状にも対応可能な製品を生産できる。これにより、光学機器のデザイン性の向上や投影する映像の高画質化に貢献する。

 

 同社は、同生産ラインで製造したシートおよびフィルムにおいて 2027 年度には年間 25 億円の売上を目指すという。

 

 

 

 

IR universe rr

 

 

関連記事

関連記事をもっと見る