新着情報

2024/07/12   デコ活、1642の...
2024/07/12   黒谷、不採算案件の...
2024/07/12   津軽バイオマスエナ...
2024/07/12   環境産業の市場規模...
2024/07/12   リテールパートナー...
2024/07/12   DENZAI&ベス...
2024/07/12   インドJSWste...
2024/07/12   中国で銅在庫が急増...
2024/07/12   インドネシアHar...
2024/07/12   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/07/12   世界の半導体需要と...
2024/07/12   インドSMEL社 ...
2024/07/12   2024年5月の国...
2024/07/12   中国 次世代電池技...
2024/07/12   中国の鉄鋼貿易業者...
2024/07/12   EUの「包囲」が予...
2024/07/12   中国 動力電池の回...
2024/07/12   レアアース業界初の...
2024/07/12   上半期、欧州に輸出...
2024/07/12   鉄鋼・非鉄関連会社...

E-Scrap市況近況2024#3 日本・マレーシア・中国のトライアングル貿易機能の低下―需給緩和の動き

 資源流出が止まった⁉。逼迫気味だったE-scrapの足元の需給は緩和気味だという。金属スクラップを巡っては、資源確保のため海外流出阻止が叫ばれ、不正輸出防止対策の強化も模索されてきたはずだが、E-scrap市場でいま何が起こっているのか。2025年1月から強化されるバーゼル条約の影響を先取りした現象なのか。そんな疑問を抱いて取材を進めてみると、そこに見えてきたのは、あくまで経済合理性が追求される市場機能のすごみだった。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る