新着情報

2024/07/24   阪和グループの正起...
2024/07/24   工作機械工業会6月...
2024/07/24   アルミ対日プレミア...
2024/07/24   三菱ケミカル MM...
2024/07/24   エネコートが総額5...
2024/07/24   中国 アルミニウム...
2024/07/24   希土類元素とその製...
2024/07/24   湖南大学の課題グル...
2024/07/24   LME市場売り優勢...
2024/07/24   中国のゲルマニウム...
2024/07/24   世界の半導体需要と...
2024/07/24   日本製鉄、中国の自...
2024/07/24   ニッケル協会:9月...
2024/07/24   Americas ...
2024/07/24   MARKET TA...
2024/07/24   JFEスチールの物...
2024/07/23   古河電池に投資ファ...
2024/07/23   核融合エネルギーの...
2024/07/23   24年リチウム市況...
2024/07/23   日本製鉄・橋本会長...

輸入・国産ナフサ市況(No10)  国産ナフサ価格8万円台の可能性が再来

 国産ナフサ価格は原油の再上昇と円相場の1ドル160円台への円安の進行により、ロシアのウクライナ侵攻を機に記録したキロリットル8万円台となる可能性が再来している。海外ナフサ価格が5月から6月中旬まではトン600ドル台での動きにあったが、7月第1週にはトン724ドルと約2ヵ月ぶりの高値近辺まで回復している。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る