新着情報  - News -

2022/10/03   2022年1-7月...
2022/10/03   日本の中古車輸出動...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   NESTE、出光興...
2022/10/03   古河電池 市販向け...
2022/10/03   DOWAホールディ...
2022/10/03   三井金属、2022...
2022/10/03   三菱マテ、2022...
2022/10/03   仏Solvay社、...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   住友金属鉱山:コー...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   2022年09月 ...
2022/10/03   2022年09月フ...
2022/10/03   2022年09月 ...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   二次電池輸出Rep...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   2022アジア国際...

希土類(レアアース)産業の行方その2 米中希土類戦争 米は自国で一貫体制を築くべき

2020.05.19 08:53
オーストラリアのライナス社は、2019年5月20日、米ブルーライン社と提携してテキサス州にレアアース分離精製工場建設する予定であることを発表した。ライナス社は、中国以外では世界最大のレアアース生産企業で(世界シェアは約12%)新会社設立により米国はレアアースの供給元を確保したいという思惑があると報じられ、産業界では米中貿易摩擦への憂慮が強まったと伝えられた。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事