メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2022/01/19   トヨタ:22/3期...
2022/01/19   産業用電子機器輸出...
2022/01/19   レアアース市場近況...
2022/01/19   TBM、自社製造拠...
2022/01/19   キリンHD、ペット...
2022/01/19   中国 非鉄金属標準...
2022/01/19   国内二次電池PSI...
2022/01/19   中国vs米国のレア...
2022/01/19   中国の自動車生産販...
2022/01/19   2022年の半導体...
2022/01/19   中国工業情報化部は...
2022/01/19   止まらぬ中南米左傾...
2022/01/19   トヨタ:2月の生産...
2022/01/19   MARKET TA...
2022/01/19   中国内の鉄鉱石価格...
2022/01/18   中国内の鋼材価格(...
2022/01/18   2021年の中国輸...
2022/01/18   中国 今年の新エネ...
2022/01/18   バッテリー議連事務...
2022/01/18   豊通、ケニアでバッ...

Battery Summit 2022at 学士会館 (1/14) Tesla・日産・名大・DeNA・古河電池 、バッテリー議連&吉野先生

2021.10.23 15:48
※感染予防対策を徹底し、予定通り開催致します(2022年1月14日現在)※

 

 2021年はコロナ感染拡大で延期に延期を繰り返しておりましたBatterySummit2021は、結局、1年回って2022年1月14日(金)に開催することが決定致しましたのでご案内申し上げます。講師には、21年の案内同様に、旭化成の吉野彰先生をメインスピーカーに、自民党バッテリー議連で外務大臣政務官の三宅伸吾氏、テスラジャパン様、日産自動車様、名大様、DeNA様、古河電池様をお迎えいたします。また、バッテリー議連の会長である衆議院議員の甘利明氏にも懇親会よりご来場いただくことが決定いたしました。さらに、ノルウェーのバッテリースタートアップ企業であるFREYR battery社も日本担当の西島主明氏が参加いただくことが決まりましたので追加でご案内いたします。

 

 なお、今回はオンライン配信はなく、会場限定での開催となります。

 

(関連記事)

 ・Battery Summit 2020 電池の今と将来を熱く語る(第一部)           

 ・Battery Summit 2020 電池の今と将来を熱く語る(第二部)

 ・大盛況!ノーベル化学賞の吉野彰氏をお迎えした「バッテリーサミット2020」参加者の声

 

【開催日時】 2022年1月14日(金)11時開始 (受付10時 開始予定)

       ※お時間に余裕をもってご来場ください。

        入場混雑、入場整列時には、一定の距離を保つようお願い致します。

             

【場  所】 学士会館 210号室
       (〒101-8459 東京都千代田区神田錦町3-28 TEL:03-3292-5936

 

 

【参 加 費】  税込み価格です *参加者の皆様に軽食が付きます。

    講演会 : MIRU会員  16,000円  /人
          非  会  員   19,000円  /人
                      学   生       4,000円  /人(※社会人学生除く)

  懇親会含: MIRU会員  20,000円  /人
          非  会  員   24,000円  /人   

 

※  先着130名まで(講演会)

※  先着85名まで(懇親会) 懇親会は着席形式となります 

※MIRU会員価格はMIRU.comを年間契約でご利用いただいている場合に適用させていただきます。(月次会員様は対象外となりますのでご了承ください。)

 ※当日の運営は東京都「新型コロナウイルス感染症対策基本方針」に基づいて行います。

  開催時の状況によっては、人数制限を強化する可能性がありますこと、ご了承願います。その際は、お申し込みの先着順とさせていただきます。

※  MIRU会員(購読会員)割引は、会員様と同一事業所内の方に限り適用させていただきます。

 

 

 

【プログラム】※22年1月14日更新 

       講師の追加、講演の順番・内容が変更になる可能性もございます。

 

総合司会

 サステイナビリティ技術設計機構代表理事/(国研)物質・材料研究機構 名誉研究員

 原田幸明氏

 熊本大学大学院 ⼈⽂社会科学研究部・環境安全センター⻑ 外川 健一氏

 

       

1.11:00ー11:30 テスラジャパン エナジープロダクト カントリーマネージャー 浅倉 眞司氏 

  「持続可能なエネルギーへ世界の移行を加速する」

 

*講演のポイント*

 テスラのミッションや取組みについて、エナジー製品(蓄電池等)を中心に共有させて頂きます。

 

 

2.11:30ー12:00 日産自動車株式会社 渉外部担当部長 吉田 誠氏

  「異業種連携で目指すカーボンZERO社会」

 

*講演のポイント*

 カーボンニュートラル社会でのEVの貢献

 ・なぜEVが重要なのか

 ・異業種連携の必要性

 ・電池を使いきるには

 ・現在の取り組み

 ・将来の課題

 

 

                               ーランチブレイク 15分ー

 

3.12:15ー12:30 北京安泰科信息股份有限公司 ニッケルコバルトリチウム研究チーム シニアアナリスト 余雅琨氏(動画)

「中国电池金属市场现状及展望」Current status and outlook of China’s battery metal market

 

 

4.12:30ー13:00 株式会社ディー・エヌ・エー フェロー 二見 徹氏

 「ゼロエミッション・サイクルによるモビリティ・エネルギー革命」

 

 

5.13:00ー13:30 名古屋大学 客員准教授 野辺 継男氏

 「脱炭素社会待ったなし! ~バッテリー産業育成の必要性~」

 

 *講演のポイント*

  ・バッテリーEVを脱炭素とエネルギー革命に取り込む欧米中

  ・日本の課題1:エネルギー安全保障の為のバッテリーキーデバイス化

  ・日本の課題2:EV化とスマート化によるクルマの付加価値のクラウドへの移行

 

 

6.13:30ー14:00 古河電池株式会社 顧問博士 古川 淳氏

 「鉛電池の市場動向と技術動向について」

 

  *講演のポイント*

  ・鉛電池の市場動向

  ・鉛電池の新たな用途と技術動向

  ・鉛電池のリサイクル技術の動向

 

 

                               ー休憩 15分ー

 

 

7.14:15ー14:45 外務大臣政務官 参議院議員 三宅伸吾氏

 「『未来社会を創出する、バッテリー等の基盤産業振興議員連盟』事務局長からの報告と提言」

 

(関連Topics)

 ・バッテリー議連 国内電池工場建設で1000億以上の設備補助を求める

 ・バッテリー議連 第2回勉強会 グリーン成長戦略の重要部分に電池とモータ開発

 ・バッテリー議連発足 国内LiB市場の競争力強化に向け、安倍前首相などが呼びかけ

 ・崖っぷちの国内LiB市場を救え 吉野彰氏、国家戦略的取組の必要性を提言

 

 

8.14:45ー15:00 SMM(上海有色網) バッテリー及び新エネルギー部門アナリスト 袁野氏(動画)

「中国新能源汽车及动力电池市场的发展与回顾」

China New Energy Vehicle and Power Battery Industry Development and Review

 

 

9.15:00ー15:15 FREYR batteryの紹介と欧州電池産業の概況  FREYR battery西島主明氏&川口竜太氏

 

 ・ 欧州の電池産業の状況概要 

 ・Freyr会社紹介

 ・日本の電池関連企業へのメッセージ

 

 

10.15:15ー15:45 旭化成株式会社 名誉フェロー 吉野 彰氏

 「リチウムイオン電池が拓く未来社会」

 

  *講演のポイント*

  ・リチウム電池の発明の経緯について

  ・環境・エネルギー問題を解決する一つの提案について

 

 

           ー 懇  親  会 ー

 

 

講演会終了後に16時~ 201号室で開催

 

 

 懇親会では、冒頭にバッテリー議連の会長である衆議院議員の甘利明氏にご挨拶をいただく予定となっております。

 

 人数に制限がございますため、収容可能人数を上回る申し込みをいただいた場合は、先着順とさせていただきます。

 ※当日の運営は東京都「新型コロナウイルス感染症対策基本方針」に基づいて行います。

 ※懇親会は着席形式で、先着85名様となります。お申し込みの先着順とさせていただきます。(※残席僅か)

 ※懇親会はソーシャルディスタンスを確保した上で、テーブルにはお一人ずつアクリル板を設置いたします。

 

懇親会会場イメージ

 

【講師プロフィール】

1.テスラジャパン エナジープロダクト カントリーマネージャー 浅倉 眞司氏 

  1981年(株)IHI航空エンジン事業部入社。

  1993年 GE Power Systemsに入社、
  2006年 エナジーアプリケーションエンジニアリング・アジアパシフィックリージョンリーダーとして
     インド・中国を除くアジアパシフィックの国におけるエナジービジネスの営業・技術を統括。
  2011年 GEグローバルリサーチセンター 先端テクノロジー・プロジェクト開発担当マネージャーに就任、
  2012年 グローバルリサーチセンター日本代表に就任し、2017年4月に退任。
  2018年5月 Tesla社エナジープロダクツの日本カントリーマネジャー就任。

 

2.日産自動車株式会社 渉外部担当部長 吉田 誠氏

 1989年4月 日産自動車(株) 入社 
 1997年7月 欧州日産 ブラッセル事務所(管理職出向)
 2001年7月 日産自動車(株)復職 CEO/Aliance Office
 2007年4月 北米日産 ワシントン事務所(ワシントン事務所長)
 2011年4月 日産自動車(株)復職 法規認証室、グローバル技術渉外部
 2014年4月 日産自動車(株) 渉外部部長 
 2015年4月  一社)チャデモ協議会 事務局長(兼務)

 

4.株式会社ディー・エヌ・エー フェロー 二見 徹氏

 1981 年   東京⼤学⼯学部電⼦⼯学科卒業、同年に⽇産⾃動⾞株式会社へ⼊社

 1990 年~ 主にエアバッグ、ナビゲーション、テレマティクス、IT・ITS 開発を担当。

 2000 年以降 ⽇産リーフICT システム開発、⾃動運転、コネクテッドカーに関わる技術戦略・研究戦略。

   2016 年~ フォーアールエナジーにてEV を⽤いたV2X システム/EV 再⽣バッテリービジネスに従事。

   2019 年~ 株式会社ディー・エヌ・エーでフェローを務める傍ら、フリーランスとして

        ⾃動⾞業界および周辺業界における技術を軸にしたコンサルティング業務に従事。

 

5.名古屋大学 客員准教授  野辺 継男氏

 1983年 早稲田大学理工学部卒。NECに入社後、海外でIBM互換のPC事業を立ち上げ、

                1997年国内PC98のAT互換機化を先導後パーソナルソフトウエア事業部設立。

                ビデオストリーミング、ビデオオンデマンド、テレビ会議システム、

      地上波及び衛星TV電子番組表等開発。

 1990年 ハーバードビジネススクールMBA Alumni。ハーバード大学院PIRPフェロー。

 2001年 ソフトバンク子会社として国内最大級のオンラインゲーム会社設立しCEO就任。

 2004年 日産自動車に転職し、Vehicle IoT事業本部及びシリコンバレーオフィス設立。  

 2011年 日産EV (LEAF)のIoT構築で、GSMA 2011で

                ” Award for the Best Mobile Innovation for Automotive and Transport”受賞。

 2012年 インテルにてCASE、MaaS、車載半導体等の事業開発および政策推進に従事。

 2014年 名古屋大学未来創造機構客員准教授を兼務し、自動運転の研究調査開発に従事。

 

6.古河電池株式会社 顧問博士 古川 淳氏

 1980年 古河電池入社。以来40年以上、電池の研究開発に従事。

 1980-1982年 鉛電池の研究開発:電気自動車、自動車用

 1983-1987年 ニッケルカドミウム電池の研究開発:人工衛星用、民生用

 1988-1999年 ニッケル水素電池の研究開発:民生用

 2000-2022年 鉛電池の研究開発:自動車用、産業用

 2014年 古河電池シニア・フェロー、2020年より現職。

 2009年 電気化学会 技術賞・棚橋賞受賞

 2015年 日本イオン交換学会 技術賞受賞

 2017年 ブルガリア科学アカデミー ガストン・プランテ・メダル受賞

 

7.外務大臣政務官 参議院議員 三宅伸吾氏

 1986年 日経新聞入社

 2003年 編集委員就任

 2013年 参議院当選

 2017年 参議院外交防衛委員会委員長

 2021年 外務大臣政務官

 

9.Chief Technology Officer, FREYR 川口竜太​氏

1998年3月  名古屋大学大学院 航空宇宙工学専攻 修士

1998年4月〜 豊田自動織機@刈谷(FCV開発)

2001年4月〜        @東京(新技術調査)

2003年8月〜 日産自動車@追浜(FCV開発)

2007年4月〜 日産USA@デトロイト(電池技術調査Manager)

2011年4月〜 日産自動車@厚木NATC(EV電池開発Manager)

2012年4月〜      @厚木NTC(副社長アシスタント Sr.M)

2013年4月〜      @厚木NATC(LEAF, e-NV200電池パック開発SM)

2015年4月〜 AESC@座間(LEAF電池の外販技術営業&システム開発SM)

       日産自動車兼務(電池ビジネス戦略SM)

2017年4月〜 日産自動車@厚木NTC(アライアンスePT戦略SM)

2017年9月〜 Dyson EV@イギリス(EV電池 Solution Owner)

2020年2月〜 Freyr@ノルウェー(CTO)

 

10.旭化成株式会社 名誉フェロー 吉野 彰氏

 1972年 旭化成工業(株)(現 旭化成)入社
 2001年 旭化成(株)電池材料事業開発室長
 2005年 旭化成(株) 吉野研究室 室長
 2010年 技術研究組合 リチウムイオン電池材料評価研究センター 理事長(現在)
   2017年 旭化成名誉フェロー(現在) 
   2019年 ノーベル化学賞受賞
 2021年 名城大学 終身教授・特別栄誉教授(現在)

 

 

 

 

【お申込み】 申し込みフォーム:https://www.iru-miru.com/inquiry.php

 

 ※フォームのお問い合わせ内容に、ご出席されます方全員の御名前と、

 「BatterySummit2022 講演会参加希望」もしくは

 「BatterySummit2022 講演会/懇親会希望」と明記の上、送信ください。

  お申込み後、2~3日経っても返信がない場合は、お手数ですがお知らせください。(土日除) 

 

【お支払い】 銀行振込のみの扱いとさせていただきます。

       お申込みが完了しましたら、請求書(pdf形式)をお送り致します。

       お振込み期間は11月1日~22年1月7日までとさせていただきます。

      ※当日の受付時に領収書の配布はございません。

 

 

【窓 口】 IRuniverse(株)/IRRSG事務局

      TEL:03-5847-6015

 

★★★スポンサー募集中★★★

Battery Summit 2022では広告協賛を募集しております。

・当日PDF資料 10万円

・パネル展示 10万円

・参加証ストラップ台紙 30万円 ※1社様限定

ご希望される際は窓口までご連絡ください。別途詳細をご案内致します。

応募締切:1月7日(金)

 

 

~ 安心してご来場いただくためのお願い ~

■当日は、予めご来場前にご自身でも検温をお願いいたします。

■会場内はマスク着用を厳守とさせていただきますので、マスクのご持参をお願いいたします。

■当日体調にご不安のある方はくれぐれもご無理なさいませんようお願いいたします。

 

尚、感染状況によっては、イベントの中止、会期の変更、企画や講演の一部中止などの

可能性がございますことをご了承ください。

こちらの記事で最新情報を掲載してまいりますので、随時ご参照ください。

 

 

 

(IRRSG事務局)

 

<ご参加企業様> ※50音順 

旭化成株式会社

株式会社アビヅ

Eザック株式会社

有限会社飯塚商店

株式会社エーワイイー

株式会社エスアール

SQM JAPAN CO. Ltd.

LG Japan Lab株式会社

株式会社エンビプロホールディングス

株式会社オルドス合金

関東電化工業株式会社

株式会社金属園

熊本大学

経済産業省 商務情報政策局

恒和産商株式会社

興和株式会社

サステイナビリティ技術設計機構

株式会社サンクト

一般社団法人資源循環ネットワーク

JX金属株式会社

JFEミネラル株式会社

自民党「未来社会を創出する、バッテリー等の基盤産業振興議員連盟」

上海有色网(SMM )

上海外国語大学

株式会社陣内工業所

(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)

創進特殊金属株式会社

第一実業株式会社

泰和電気工業株式会社

株式会社田中化学研究所

蝶理株式会社

株式会社ディー・エヌ・エー

Tesla Motors Japan 合同会社

東京製鐵株式会社

トヨタ・コニック・プロ株式会社

豊田メタル株式会社

DOWAエコシステム株式会社

名古屋大学

日産自動車株式会社

日本化学工業株式会社

日本鉱業協会

株式会社ネオライン

阪和興業株式会社

株式会社プラネット

古河電池株式会社

FREYR battery

北京安泰科信息股份有限公司(Antaike)

ベステラ株式会社

宝泉株式会社

Prologium Technology Co., Ltd.

本田技研工業株式会社

三井物産株式会社

三井物産メタルズ株式会社

三菱商事RtMジャパン株式会社

三菱マテリアル株式会社

株式会社メタルソリューションプロバイダー

株式会社メタルドゥ

森とまちコンサルタント株式会社

ユミコアジャパン株式会社

ラサ商事株式会社

Li-Cycle Corp.

リチャージ株式会社

レオン貿易株式会社

株式会社レックス

 

関連記事