新着情報

2024/05/28   スポンジチタンメー...
2024/05/28   三和油化工業(41...
2024/05/28   脱炭素の部屋#16...
2024/05/28   MARKET TA...
2024/05/28   東京製鐵:田原工場...
2024/05/27   ステンレス鋼材国内...
2024/05/27   時代に合った事業展...
2024/05/27   ニュージーランド、...
2024/05/27   チタン:スポンジチ...
2024/05/27   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/05/27   都市ごみ選別装置の...
2024/05/27   ステンレス鋼材国内...
2024/05/27   プラスチックリサイ...
2024/05/27   中米合作のスクラッ...
2024/05/27   三菱重工と日本ガイ...
2024/05/27   東京製鐵の鉄スクラ...
2024/05/27   2024半導体動向...
2024/05/27   電子工業輸出レポー...
2024/05/27   はんだ国内生販在R...
2024/05/27   環境展2024〜資...

燃料アンモニア 石炭価格に合わせた差額補填で普及拡大図る

 「化石燃料の代替物として脱炭素に貢献し、太陽光や風力が安定しない再生可能エネルギーを補う」。2050年カーボンニュートラルに向け、アンモニアと石炭を混ぜて燃焼させるアンモニア混焼技術が注目を集め始めている。アンモニアを石炭火力発電所で20%混焼した場合、国内で削減できるCO2排出量は約4,000万トン。アンモニアだけで発電した場合は、2億トンものCO2が削減できるとされる。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る