新着情報

2024/06/17   アルミ合金&スクラ...
2024/06/17   リファインバース ...
2024/06/17   コバルト市場近況2...
2024/06/17   愛知製鋼 Ni系S...
2024/06/17   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/06/17   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/17   2024年4月のス...
2024/06/17   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/17   中国経済、一段の悪...
2024/06/17   三井物産 インドの...
2024/06/17   東京製鐵 2024...
2024/06/17   LME Weekl...
2024/06/17   はんだ輸出入レポー...
2024/06/17   超硬工具輸出Rep...
2024/06/17   新技術 チタンの高...
2024/06/17   国内電気銅PSI ...
2024/06/17   国内伸銅品PSI実...
2024/06/17   二次電池輸出Rep...
2024/06/17   エンビプロHD、レ...
2024/06/17   2024年4月 鉄...

中国における銅スクラップ市場現況 銅スクラップの回収・利用と展望

一、再生銅原料の生産量と流れ 1、再生銅原料供給量  輸入再生銅原料(銅スクラップ)は、国内業者が海外の荷受業者に対して協議を行うもので、通常、貨物が船積みされた後、欧米では国内に到着するまでに2カ月、東南アジアでは1~2カ月かかる。  中国国内の使用済み廃棄物は主に解体業者を通じて粗解体、精密解体した後、含有銅量の違いに基づき、各種再生銅原料を川下の廃棄物利業者に販売する。国内の再生銅原料の供給、消費は長期的にタイトなバランスを維持し、さらには供給も逼迫しており、国内の使用済み資源の回収量が限られているため、国内の再生銅原料の供給が非常に不足している。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る