新着情報

2024/02/27   白黒レンガ業績比較...
2024/02/27   はんだ国内生販在R...
2024/02/27   2024年1月伸銅...
2024/02/27   日本製鉄:米政権が...
2024/02/27   脱炭素の部屋#15...
2024/02/27   LME Weekl...
2024/02/27   電池生産で自律を目...
2024/02/27   MARKET TA...
2024/02/26   ギニアの採掘・探査...
2024/02/26   EUの炭素国境調整...
2024/02/26   米大手SUS&Ni...
2024/02/26   中国・紫金鉱業、チ...
2024/02/26   工具生販在Repo...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   国内半導体生販在R...
2024/02/26   国内FPD製造装置...
2024/02/26   国内半導体製造装置...
2024/02/26   アジア合成樹脂市況...

2023-2024年の中国の銅・アルミ市場の総括と展望

一、中国ケーブル用主導体市場の現状

 

1、マクロ面

 

 世界主要経済体の製造業PMIは、世界経済の回復が依然として力強さを欠いていることを示している10月の世界製造業PMIは47.8%となり、3カ月連続の前月比上昇に終止符を打った。世界製造業購買担当者指数はすでに13カ月連続で50%以下で推移しており、世界製造業は変動下振れの様相を呈している。特に欧州地域のPMIは低調だった。

 

 OECDは、世界経済の回復がなおぜい弱であることから、世界経済は2023年に2.7%の成長にとどまると予想し、減速するとした上で、2024年後半に2回の「適度な」利下げがあると予想した。

 

2、ファンダメンタルズ

 

①生産能力、生産量、コスト、利益

 

 電解アルミニウム供給先:中国の生産能力は「天井」に達し、業界の稼働率は年々高くなっている。2013~2015年の国内電解アルミニウムの生産能力は過剰で、業界は赤字を垂れ流し、稼働率は低位で推移した。2016-2017年発展改革委員会など4部・委員会は4月、『電解アルミニウム業界の法律・規定違反プロジェクトの整理整頓行動業務方案』の印刷・配布に関する656号文書を発布し、業界の規定違反生産能力の撤退を表明した。2018−2019年には国内電解アルミニウム生産能力置換プロジェクトの段階的な推進に伴い、国内電解アルミニウム業界の生産能力は段階的に4320万トン近くまで修復された。2020年から現在までに雲南省などの地域の移転生産能力が徐々に建設され、中国国内の電解アルミニウム稼働生産能力は4550万トンの天井に迫っている。山東省、新疆、内モンゴル、雲南省の電解アルミニウムの発展の優位性は明らかで、国内の生産能力の58%を占めている。 「3060」炭素のピーク達成目標が貫かれ、今後の低炭素アルミニウムの発展の将来性が高く、雲南省及び西部の風力発電アルミニウムの生産能力の割合が引き続き増加し、山東省や河南省などの火力発電アルミニウムは今後も大量の移転が見込まれている。

 

②南西地区全体のダム上流の水位状況は2022年より良好電解アルミニウム減産規模は前年同期より弱い

 

 1-8月の雲南省の総発電量は2431.55億キロワット時で、うち水力発電量は1765.50億キロワット時に達し、前年同期比13.9%減少し、省内の総発電量の73%前後を占めた。1-9月の雲南省の電解アルミニウム生産量は前年同期比3.1%減の309万トンに達し、現在までの雲南省内の電解アルミニウム稼働の総生産能力は550万トンを超えた。雲南電解アルミニウムの第4四半期の電解アルミニウム生産能力が現状を維持するためには、第4四半期の雲南電解アルミニウムの総生産量は前年同期比37%増の140万トン前後となり、省内の火力発電および水力発電量は過去最高水準に達する必要があるかもしれない。もし第4四半期に雲南省の電解アルミニウムが減産しなかった場合、第4四半期の水力発電は同期に6%増の740億kWhに達する必要があるかもしれないが、この発電レベルは21年のレベルとほぼ同じで、現在の主力水力発電所の水位はほぼ21年のレベルと同じで、雲南省の第4四半期の電解アルミニウム減産の見通しは弱まっている。

 

③利益の出る電解アルミニウム製錬所

 

 2023年9月、中国国内のアルミナは反発相場を続け、電力コストは大きく安定し、小さく動き、一部の自前発電所で調達した石炭価格は前月比で小幅に上昇し、中国国内の電解アルミニウムの完全コストは前月比0.51%上昇して1トン当たり15640元となった。2023年9月の国内電解アルミニウムスポット平均価格は1トン当たり約19538元、業界平均利益は1トン当たり約3898元で、前月比26%増、前年同期比268%増となった。

 

3、輸出入

 

 2023年の中国の電気銅の1~10月の輸入量は前年同期比5%減となり、長期的には国内生産量の増加と金融性の低下により、今後も減少基調が続くとみられる。

 

 税関のデータによると、2023年1~9月のアルミ新地金輸入総量は前年同期比163.93%増の95.61万トンだった。輸出総量は同41.31%増減の11.29万トンだった。純輸入総量は前年同期比496.16%増の84.32万トンに達した。

 

 輸入元から見ると、2023年9月の中国国内のアルミ新地金の主な輸入元はロシア連邦、インド、オーストラリアなど。うち2023年9月に輸入されたロシア連邦由来の原アルミ総量は約15.29万トンで、前年比234.77%増、前月比16.58%増となり、国内総輸入量の76.15%を占めて1位となった。

 

 2023年に海外のアルミインゴット貿易構造に変化が生じ、国内のアルミインゴット輸入窓口は長期的な閉鎖状態となったが、依然として一部のロシア製アルミ金属が流入している。現在、中国国内に輸入されるアルミロングシートの量と将来の輸入損益の変化によると、2023年の中国国内の原アルミ純輸入総量は約117万トンを超えると予想されている。

 

4、川下の稼働率と消費

 

①2023年1-3月期の中国の主要電気銅関連銅材の平均稼働率はの70%

 

 データ統計によると、9月の全国アルミ型材メーカーの稼働率は49.80%で、前月比1.35%上昇、前年同月比10%上昇した。主要系の一部大手企業の9月の受注量、稼働率が上昇し、中小企業の受注量の落ち込みをある程度補った。うち、建築型材部門は全体的に依然として閑散期の雰囲気が強く、ビルの引き渡し保証政策の推進により、竣工側の需要はやや回復したが、大手不動産業者の相次ぐ爆雷の影響を受け、市場の信頼感は不足している。9月のアルミ価格の高値乱高下も重なり、川下では様子見ムードが強まり、調達に慎重になっている。また、今月の工業用型材の増勢は8月よりやや鈍化し、主要系の太陽光発電用型材の需要量はやや減少した。下流の部品工場の在庫が多く、最近のアルミ価格の高騰と重なって、適切に調達を減らし、工場内の在庫を優先的に消化している。自動車型材部門のヘッド効果が顕著で、大手の受注量、稼働率は高水準を維持した。

 

 9月は伝統的な繁忙期に入り、多くのアルミ板バンド企業からのフィードバック需要に一定の季節的回復が見られ、大手企業の手元注文量は一般的に1カ月前後となっている。業界全体の稼働率はそれに伴い上昇し、中秋節の国慶節連休期間中の大・中型企業の生産部門も休みに入る計画はほとんどない。9月は一部の包装箔川下の顧客が元旦やクリスマスなどの祝日のために商品を準備し始め、包装箔の生産販売量が前月比で比較的大きな増加を見せ、業界の稼働率が上昇した。一方で、9月の電池箔の伸び率は予想をやや下回り、一部の企業は9月に一部の電池箔企業が再び在庫解消を始め、新規受注量が減少したとフィードバックした。10月は依然として伝統的な繁忙期であり、アルミ板ベルト市場全体は旺盛な局面を維持しているが、少数の企業はその新規受注量の後継が伸び悩んでいると反応し、11月の閑散期入り後の市況をことさら悲観している。通年のアルミ板テープ生産量は前年比5%程度減少する見通し。2023年1-3月期の銅関連製品の輸出は中国の銅消費を押し上げ、銅材の純輸出は24.4万トンで、前年同期比5.4万トン増加した。

 

②中国がこの目標を達成した期間は30年と、他の先進国に比べてはるかに短い

 

 時間がなく、出発点が高いため、カーボンニュートラルは中国にとって大きな課題となっている。産業革命の先駆者であるEU、英国、米国、カナダ、日本、ロシアなどの先進国はすでにピークを迎えているため、2050のカーボンニュートラルを達成するには十分な時間がある。

 

 中国の高炭素エネルギー消費構造、年間炭素排出量が100億トンを超え、高エネルギー消費産業の生産能力削減任務が困難であるなどの現実を考慮すると、経済発展のエネルギー成長の需要と巨大な炭素排出削減圧力が併存しており、中国はより多くの努力を必要としている。

 

 2023年は新エネルギー分野と家電部門が銅消費をけん引する主要な成長力となる。不動産は銅とアルミニウムの消費に対する中長期的な圧力がまだ残っており、長期的に家電と伝統的な電力などの関連業界の足を引っ張っている。新エネルギー産業チェーンは発電から送電に至るまで、使用する銅の消費増加量の変化傾向が高まっている。新エネルギー(太陽光発電などの分野)は電力用アルミニウムの占める割合が建築分野を上回り、新エネルギー分野は将来の銅消費の伸びをけん引する主要エンジンだ。

 

二、世界の電気銅需給バランス

 

1、中長期的に銅の供給不足は避けがたい

 

 今後2-3四半期のLME銅価格の主な運用レンジを1トン当たり7500-8400ドル、上海銅は1トン当たり63000-68500元と予想しており、来年下半期に流動性の緩和と市場の信頼感修復期待の高まりに伴い、銅価格は再び上昇相場を開始する。

 

2、太陽光発電などの新エネルギー用にアルミを建設およびアルミ材輸出での消費ギャップを埋める

 

 中国の電解アルミニウム生産量、電解アルミニウム生産量の前年同期比伸び率、電解アルミニウム純輸入量、需給バランス、電解アルミニウム消費量及び電解アルミニウム消費の伸び率などの角度から紹介し、2023-2024年の中国電解アルミニウム全体の需給はタイトなバランス傾向を維持する見通しだ。

 

 

(趙 嘉瑋)

 

 

関連記事

関連記事をもっと見る