新着情報

2024/04/23   アルコニックス:特...
2024/04/23   米国ボルチモア港閉...
2024/04/23   会話で読み解くLM...
2024/04/23   国内パソコン出荷2...
2024/04/23   紙・古紙市場近況 ...
2024/04/23   シリコン輸出入Re...
2024/04/23   貿易統計シリコン輸...
2024/04/23   2024年3月伸銅...
2024/04/23   脱炭素の部屋#16...
2024/04/23   自動車の「再生材利...
2024/04/23   エンビプロHD:自...
2024/04/23   米英のロシア産金属...
2024/04/23   MARKET TA...
2024/04/23   日本製鉄の水素活用...
2024/04/23   レアアース市場近況...
2024/04/22   アルミUBC自治体...
2024/04/22   パナソニック エナ...
2024/04/22   JX金属:資源循環...
2024/04/22   LME Weekl...
2024/04/22   豪政府、国内資源2...

ニッケル価格、底入れか一時反発か 4ヵ月ぶり高値もインドネシアが供給増方針

 足元のニッケル価格を巡り関係者の見方が交錯している。ロンドン金属取引所(LME)のニッケル価格現物は3月1日に$1万7435/tonと2023年11月中旬以来ほぼ4か月ぶりの高値を回復した。過去2年間にわたり下落が続いていただけに底入れ期待が広がるものの、世界最大のニッケル生産国であるインドネシアからの供給は続き、先行きのへの不安は根強い。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る