新着情報

2024/05/28   スポンジチタンメー...
2024/05/28   三和油化工業(41...
2024/05/28   脱炭素の部屋#16...
2024/05/28   MARKET TA...
2024/05/28   東京製鐵:田原工場...
2024/05/28   6/19-20 M...
2024/05/27   ステンレス鋼材国内...
2024/05/27   時代に合った事業展...
2024/05/27   ニュージーランド、...
2024/05/27   チタン:スポンジチ...
2024/05/27   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/05/27   都市ごみ選別装置の...
2024/05/27   ステンレス鋼材国内...
2024/05/27   プラスチックリサイ...
2024/05/27   中米合作のスクラッ...
2024/05/27   三菱重工と日本ガイ...
2024/05/27   東京製鐵の鉄スクラ...
2024/05/27   2024半導体動向...
2024/05/27   電子工業輸出レポー...
2024/05/27   はんだ国内生販在R...

環境省 一般廃棄物の排出及び処理状況等(令和3年度)公表

 環境省は令和5年3月30日(木)に、令和3年度における全国の一般廃棄物(ごみ及びし尿)の排出及び処理状況等の調査結果を取りまとめた。なお、平成23年度から国庫補助による災害廃棄物の処理量、経費等は除いている。

 

(主な結果)

1. ごみ総排出量は4,095万トン(東京ドーム約110杯分)、1人1日当たりのごみ排出量は890グラム。
2. ごみ総排出量、1人1日当たりのごみ排出量ともに減少。
3. 最終処分量は前年比5.9%減少。リサイクル率は横ばい。
4. ごみ焼却施設数は減少(1,056施設→1,028施設)。
5. 発電設備を有するごみ焼却施設数は全体の38.5%であり、昨年度の36.6%から増加。
6. ごみ焼却施設における総発電電力量は増加(10,452GWh、約250万世帯分の年間電力使用量に相当)。
7. 最終処分場の残余容量と最終処分場の数は概ね減少傾向にあり、最終処分場の確保は引き続き厳しい状況。
8. ごみ処理事業経費はやや増加。

 


* (注2)令和3年度中に国庫補助金交付要綱の適用を受けて災害廃棄物を処理した量は除いている。福島第一原子力発電所の事故による福島県内の帰還困難区域に係る町村は除外している。また、総人口に外国人人口を含んでいる。
* (注3)中間処理後再生利用量から固形燃料(RDF、RPF)、焼却灰・飛灰のセメント原料化、セメント等へ直接投入、飛灰の山元還元された量を差し引き、リサイクル率を算出。

https://www.env.go.jp/content/000123409.pdf

 

 

(IR universe rr)

 

 

関連記事

関連記事をもっと見る