貴金属・PGM  

 グラフ


こちらは会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

月平均値(山元建値)


こちらは会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

金(山元建値)のデータについて

写真人類が初めて出会った美しい金属
 大部分が自然金として産出されることから、人類が最初に知った純粋な金属として考えられています。美しい輝きと化学変化・酸化などがなく、希少性が高いことから財産として扱われてきました。また、曲げ・延ばしなどの加工が容易なことから、昔から金箔・金糸などに加工されてきました。需要は財産としての私有が最も多いですが、産業用としては装飾用、歯科用のほか、耐食性・加工性に優れた高電気伝導体であることから、半導体実装用のボンティングワイヤ、人工衛星部材、接点材料などへ用途が広がっています。現在は、かつての「通貨」としての役割は減少しましたが、耐食性・加工性・伝導性に優れた素材として、電子機器部材を中心に用途が拡大しています。
10年の金需要は、4,334トン。需要の主なものは装飾用50%、投資22%、エレクトロニクス8%となっています。一方、金供給は、生産が2,689トン、残りがリサイクルとなっています。なお、10年の公的機関は、放出ではなく買い越しとなり需要面に入っています。

関連記事